年越しそばの意味と由来は?意外と知らない食べるタイミング!

Pocket

年越しそば

一年を締めくくる食べ物といえば、
当然、「年越しそば」ですよね。

どんなにお腹がいっぱいでも、
縁起物だからと
ついつい食べてしまう人も多いのではないでしょうか。

でもなぜそばを食べるのか?
年越しそばを食べるタイミングは?

そんな知っているようで意外と知らない、
年越しそばについて調べてみました。

Sponsored Link

年越しそばを食べるようになった由来は?

そばの歴史は古く、
一説によると縄文時代末期には、
すでにそばを栽培していたと言われています。

しかし、縄文時代まで遡る歴史があるのに、
現在のような麺の形になったのは、
なんと江戸時代の中期!

意外とつい最近のことだったなんて驚きですね〜

年越しそばの習慣が始まったのは、
まさにその江戸時代中期のこと。

江戸の商家で月末にそばを食べる
「三十日そば」という風習があり、
これが転じて

「縁起のいいそばを年末に食べる」

ことになったようです。

Sponsored Link

そばが縁起の良い理由とは?

ではそばのどんなところが縁起がいいと
思われていたのでしょうか。

これには数多くの説があります。

・細長いそばの形から「長寿」を願った。
・他の麺類よりも切れやすい事から「厄才を切る」につなげた。
・金箔職人が細かい金をまとめる時に、
そば団子を使用した事から、
「金運がつく」食べ物と意味づけた。

などなど。
 
 
本当にそばは、
縁起のよい食べ物として愛されていたんですね。

地域で異なる年越しそばを食べるタイミング!

では、年越しそばを食べるタイミングは、
一体いつが正しいのでしょうか。

できれば正しい時間に縁起よく食べたい
誰もが思うのでしょう。

結論から言うと、
12月31日の大晦日であれば、
いつ食べても問題ないというのが主流のようです。

年を越しながら食べるという人もいますが、

「年を越す前に食べないと新年に厄がついてくる」
「金運に恵まれない」

と言われているので、
年越し前に食べ終えた方がいいかもしれませんね。

年越しそば1

ちなみにですが、
年越しそばを食べるタイミングには、
地域によって特色があります。

年越しそばは、晩御飯の時に食べる、
という人が多いようですが、

北海道では、
大晦日におせちなどのご馳走を食べるので、
夜食として食べるのが主流です。

また福島県の会津地方では、
大晦日ではなく、
元旦に年越しそばを食べます。

また、うどんで有名な香川県ではうどんを、
沖縄県では、沖縄そばを食べる人も多いとか。

地域によって、
年越しそばの食べ方やタイミングはさまざま。

唯一同じことは、
「残さずにきちんと食べきること!」
というところでしょうか。

面白いですね。
 
 
一年の締めとして年越しそばを食べる。

その風習には奥深い意味と由来があります。

皆さんも美味しい年越しそばを食べて、
素敵な新年を迎えてくださいね。

Pocket

Sponsored Link

あなたにおすすめの関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ