成人式はいつから始まった?由来は?

Pocket

48d8eb3ece06cdee01a597727b661666_s

子供が大人の仲間入りすることを、
みんなで祝う成人式

成人式は親にとって、
特別に感慨深い日となりますよね。

そんな成人式ですが、
いつから始まったのか知っていますか?

今回はあまり知られていない、
成人式の由来などについてお話ししましょう。

Sponsored Link

成人式の由来は奈良時代から!

成人式の由来は、
奈良時代に行われていた、
男子の成人を示す儀式である「元服(げんぷく)」と、
公家の女子の成人を示す儀式の、
「裳着(もぎ)」から始まっています。

時代劇でもよく見かける元服は、
男子が数え年で16歳になった際に、
前髪を落として”まげ”を結うことで、
大人になったことを祝う儀式です。

また裳着とは、
公家を中心に行われていた女子の儀式で、
数え年で12歳〜16歳になった時に、
髪を結い上げ、大人の衣服に着替えることで、
大人になったとされていました。

これからわかるように、
成人式の由来は、
男女で異なっていたんですね。

Sponsored Link

現在の成人式はいつから始まった?

昔は男女別々だった成人の儀式ですが、
一体いつから現在の成人式という
行事になったのでしょうか。

その始まりは、
第二次世界大戦が終わったばかりの、
1946年に行われた、
埼玉県蕨市の「青年祭」からとされています。

敗戦直後で混乱している社会の中、
若者たちを元気づけようという主旨で、
当時の青年団の方たちが行った青年祭。

この青年祭の意義が賛同され、
全国に広がっていったんですね。

その後、この祭りの広がりを受けて、
国民の祝日に関する法律を制定する時に、
1月15日を「成人の日」として、
盛り込むことになりました。

ちなみに、2000年に制定された
ハッピーマンデー法に基づき、
成人式は1月第2月曜日と改訂されて、
現在に至ります。

現在の成人式となったきっかけが、
一つの町で行われていた行事から
始まっていたものだったとは、
本当にビックリですね。

3c11454dd67e6a3f2ae0e1c4a795668b_s

成人式に出席する意味は?

最近は、
成人式に出席しない人も増えています。

出席しないことが自分の主張や個性だ!
なんて言う人もいますよね。

確かに成人式への出席は、
自由意思に任されています。

しかし、成人式の本来の意味は、
大人になったことを自覚して、
自ら生き抜こうとする若者を、
祝い励ますというものですよね。

つまり、
大人になったことを祝ってもらうだけではなく、
大人になった自覚をする日なんです。

大人の自覚を
持ったばかりの仲間が集まってくる成人式。

そこに参加することで、
大人の自覚を意識する“キッカケ”
にもなるのではないでしょうか。

それだけでも、
成人式には出席する意味があります。

成人式は人生で一度きりの行事です。

ぜひ大人となる大切な節目と思って、
成人式に参加してください。

きっといい思い出になりますよ。

Pocket

Sponsored Link

あなたにおすすめの関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ