本当に簡単なつるし雛の作り方!不器用でも大丈夫!

Pocket

つるし雛1

皆さんはつるし雛を、
作ってみようと、
思ったことありませんか?

一針一針、心を込めて、
娘の幸せを願って作られる、
そんな素敵なつるし雛を、
私は作ろうと奮闘した経験があります。

まぁ、結果から言うと、
挫折に次ぐ挫折で、
大失敗となりましたが(笑)

そこで今回は、
私の失敗談をお伝えしながら、

本当に不器用な人でも、
また子供でも簡単に作れる
「我が家流つるし雛の作り方」
をお伝えしましょう。

Sponsored Link

私のつるし雛作り失敗の歴史

私がつるし雛を作ろうとしたきっかけは、
図書館にあった、
つるし雛の作り方を書いた本でした。

その本には「初心者でも簡単!」
と大きく書かれていたので、
私でも作れそうな気がしたんですね。

当時の私の裁縫力と言えば、
中学生で習った程度のもの。

巾着袋やハンカチは作れます!
そんな感じでした。

手始めに、
簡単な部類のつるし雛のおかざりを、
5体作ろうとしましたが、
生地の枚数が意外と多くて一苦労。

人形が小さい分、
型紙も小さくて、
布を裁つのも大変。

最終的には5体作るのに、
2か月以上もかかってしまいました。

つまりこの本の、
「初心者」という言葉は、

裁縫の初心者ではなく、
つるし雛を初めて作る裁縫に慣れた人、
という意味だった!

と痛感した私です。

ちなみにこの2年後
私はリベンジとして、
つるし雛の手作りキットを通販で購入し、
約2か月で作り上げています。

私同様の本当の初心者は、
手作りキットから始めた方が、
簡単で間違いありません。

ぜひ私の失敗を参考にして下さいね。

Sponsored Link

子どもと一緒に作れる簡単つるし雛

では次に、娘が4歳の頃から、
私と一緒に作っている、
我が家流の、
つるし雛の作り方をお伝えします。

材料
・薄い発泡スチロール
・紙粘土
・マジック、絵の具
・アイスピック、キリ
・赤い糸
・カッター、ハサミ
・木工用ボンド
・棒

<我が家流つるし雛の作り方>
1.発泡スチロールをハートや桜など、
簡単な形に切り抜き、
マジックなどで色を塗ります。

2.紙粘土を直径1㎝くらいのお団子にします。

3.紙粘土が乾いたら、
アイスピックやキリで、
糸を通す穴をあけた後、
色を塗ります。

4.発泡スチロールや、
紙粘土で作ったおかざりを、
見た目よく糸に通します。
この際、おかざりが動くようなら、
木工用ボンドで固定します。

5.これを数本作り、
棒に結べば完成です。

つるし雛2

いかがですか?

子供でも一人で作れるくらい
簡単ですよね。

ちなみに、
薄い発泡スチロールも紙粘土も、
100円ショップで販売しているので、
とても安く作れます。

また、我が家では、
この手作りつるし雛を、
毎年作っては捨てていますが、
実は、必ず1本だけ残しています。

そうすると、1年ごとに、
娘が上手に作れるようになっている過程が、
はっきりと目に見えるので、
成長している事を強く実感できます。

つるし雛を簡単に作りたい、
そう思っているあなた!

本格的に、人形を手縫いした、
つるし雛を作りたいなら、
簡単な手作りキットから!

子供と一緒に作るなら、
我が家流の方法で、
素敵なつるし雛を作って下さいね。

Pocket

Sponsored Link

あなたにおすすめの関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ