Pocket

娘さんが生まれて、
初めて迎える桃の節句は盛大にお祝いをする家庭が多いです。

お祝いの食事会の席での父親の挨拶は、
失敗して恥ずかしい思いをしないよう、
しっかりと練習をしておきましょう。

ただでさえ人前で話すのは緊張します。

話す内容がまとまっていないと、頭の中が真っ白になり、
グダグダな挨拶になってしまいますよ。

そんな事にならないよう、
今回は、桃の節句のお祝いでの挨拶の例文をまとめました。

乾杯や締めの時の、簡単な挨拶の例文も併せて紹介するので、
ぜひ参考にしてみてください。

Sponsored Link

桃の節句では誰が挨拶をする?

娘さんの桃の節句を祝う時、
誰が主催で食事会を開くのかを明確にしておきましょう。

多くの場合は娘さんの父親となりますが、
初孫が桃の節句を迎えるということで、
祖父が主催するケースもあります。

基本的には、お祝いの主催者が挨拶をするので、
祖父が主催する場合は、父親ではなく祖父が挨拶をします。

祖父・祖母と同居しているのなら、
事前に誰が主催者なのか確認しておきましょう。

祖父が挨拶をしてくれるのなら、
父親は乾杯や締めの時に挨拶をするといいですね。

Sponsored Link

桃の節句で父親がする挨拶の例文

桃の節句のお祝いの挨拶をする時、大勢集まるのか、
どんな間柄の人たちが集まるのかで、話すことを分けたほうがいいでしょう。

桃の節句の父親の挨拶の例文を、
固めなもの、柔らかめなものと2つ紹介します。

集まった人達に合わせて、どちらかを参考にしてください。

<固めな挨拶の例文>

本日はご多忙中にかかわらず、
〇〇(娘さんの名前)の初節句に集まってくださって誠にありがとうございます。

さらに、たくさんのお祝いを頂戴しまして、重ねて御礼を申し上げます。

◯月◯日に生まれた〇〇も気付けば、◯ヶ月となり、
晴れて初めての桃の節句を迎えることができました。

(※これまでの簡単なエピソードを加える)

今後とも、どうか〇〇の成長を温かく見守っていただけますよう、
宜しくお願い致します。

ささやかではございますが食事を用意しましたので、
ごゆっくりとお楽しみくださいませ。

<柔らかめな挨拶の例文>

本日はお忙しい中、
〇〇(娘さんの名前)の初節句に集まってくれて本当にありがとうございます。

そして、たくさんのお祝いをくださったことにも感謝でいっぱいです。

子供の成長は早くて、〇〇が生まれてから◯ヶ月が経ち、
あっという間に時間が過ぎていきますね。

(※子育ての笑えるようなエピソードを加える)

今日という日を迎えられたのも皆さんのおかげだと思っています。
これからも、〇〇の成長を温かく見守ってくださいね。

ささやかですが食事を用意していますので、
今日は楽しんでいってください。

乾杯をする時の挨拶は短めに!

乾杯をする時にも簡単に挨拶をしますが、
乾杯前の挨拶は長々と話すと嫌がられるので、
手短に済ませるようにしましょう。

<乾杯の挨拶の例文>

本日はお集まりくださってありがとうございます。

それでは、〇〇(娘さんの名前)の健やかな成長と、
皆さまのご健勝を祈って…乾杯!

締めをする時の挨拶の例文

食事会が始まってから、1時間半〜2時間を目途に、
締めの挨拶をして、食事会を切り上げるようにしましょう。

<締めの挨拶の例文>

本日は〇〇(娘さんの名前)の初節句に出席してくださって、
誠にありがとうございました。

無事にこの日を迎えられたのも、
皆さまのお力添えのおかげだと思っています。

これからも皆さまに、
ご心配やご迷惑をおかけするかもしれませんが、
夫婦で協力して子育てをしていきます。

今後とも、ご指導ご鞭撻(べんたつ)のほど宜しくお願い致します。

最後になりましたが、
本日集まってくださった皆さまのご多幸ご健勝を祈願いたしまして、
お礼の挨拶とさせていただきます。

本日は誠にありがとうございました。

Sponsored Link

桃の節句での父親の挨拶!乾杯・締めの例文を紹介! まとめ

桃の節句のお祝いの挨拶と、乾杯や締めの例文を紹介しました。

そのまま暗記してもいいですし、
自分好みにカスタマイズしてもいいですね。

いざ本番となると、緊張して、
なかなか思い通りに言葉が出てこないもの。

失敗しないように事前に練習しておきましょう。

奥さんにも協力してもらい、
奥さんの前で声を出して練習すると、
本番に近い、いい練習になりますよ。

せっかくの娘さんの晴れ舞台。
父親として、しっかりとした姿を見せてくださいね!

Pocket