Pocket

3月3日桃の節句
ひな人形を飾るひな祭りでもあります。

子供に、
「どうして、ひな祭りじゃなく、桃の節句て言うの?」
と聞かれた時、きちんと説明できますか?

由来や意味を知っていたとしても、
子供に伝わるように話すのは意外と難しいですよね。

そこで今回は、桃の節句の意味や由来を、
子供向けに簡単に説明できる伝え方を紹介します。

ぜひ子供に桃の節句のことを教えてあげてくださいね。

Sponsored Link

桃の節句の意味と由来は?

桃の節句の由来は、中国の女の子の邪気払い行事である、
”上巳の節句(じょうしのせっく)”が起源。

季節の変わり目には、災いをもたらす邪気が入りやすいと考えられ、
水辺で穢れ(けがれ)を払う習慣がありました。

それが平安時代に遣唐使によって日本に伝えらてきたんです。

日本で桃の節句と呼ばれるようになったのには、

・桃の花が咲く時期であること
・桃の花には邪気を払う力がある

といった理由があります。

桃の節句には、ひな祭りと同じように、
女の子の健康と成長を願う意味が込められています。

Sponsored Link

ひな祭りの由来とは?

中国の上巳の節句では、川で身を清めて、
災いや邪気を払っていました。

それが日本に伝わり、人形に降りかかる災いの身代わりになってもらい、
人形を川に流すようになっていきました。

川に流すことを前提としていた人形は、
草や紙で作った簡単なもの。

昔は人形のことを「ひいな」と呼んでいました。

桃の節句に身代わりとなる人形を「ひいな人形」と呼ぶようになり、
それが「ひな人形」に変化していったんですね。

ちなみに、もともとのひな祭り発祥の地である中国では、
上巳の節句が盛大に行なわれることが少なくなり、
廃れつつある風習になっているそうですよ。

桃の節句の意味や由来を簡単に子供に説明する伝え方!

桃の節句の由来と意味を、このまま子供に教えても、
難しくて伝わらないでしょう。

少し噛み砕いて、分かりやすくする必要があります。

例えば、

「桃の節句は、女の子の成長を喜んで、
幸せになるのをお祈りする意味があってね。

ひな人形には嫌なことを代わりに受けて、
女の子を不幸から守ってくれる不思議な力があると言われてるんだ。

だから、3月3日にはひな人形を飾って、
幸せになれるようにお願いするんだよ。」

こう説明すれば、要点を伝えることができ、
ひな祭りの意味も分かってもらえるはずですよ。

桃の節句の意味と由来!簡単に子供に説明できる伝え方! まとめ

桃の節句の意味と由来ひな人形の由来
子供向けの簡単な説明方法を紹介しました。

なんとなく自分自身は理解をしていても、
子供に分かるように説明するとなると、
一気にハードルが上がりますよね。

親子で会話するキッカケにもなるので、
子供から質問されないようであれば、
親から子供に「知ってる?」と声をかけて、
桃の節句の由来や意味を教えてあげて下さいね。

できるだけ単純に伝えてあげれば、
子供でも理解することができるはず。

紹介した伝え方を参考にして、
子供に、桃の節句の意味や由来を教えてあげてくださいね。

Pocket