節分にいわしって何?関西で習慣の節分いわしの由来とは!

Pocket

鰯

節分と聞いて思い出すのは、
鬼退治のために行う豆まきや、
最近メジャーとなった恵方巻きですよね。

では、関西地方で行われている節分の風習
「節分いわし」
は知っていますか。

一体どんな風習なの?
節分にいわしって関係があるの?

関西地方以外では、
存在すら知らない人が多いかと思うこのイベント。

今回はそんな馴染みのない、
「節分いわし」について、
色々と調べてみました!

Sponsored Link

「節分いわし」って何をするの?由来は?

「節分いわし」
とは一体どんな風習でしょうか。

簡単に説明すると、
関西地方で魔除けのために行われる、
柊の小枝に、焼いたいわしの頭を刺し
玄関に飾るという風習です。

柊といわしが飾られる理由は、
昔から日本人の魔除けに、
「尖ったもの」「臭いが強いもの」
が使われていたためで、

鬼の目も傷つけられる尖った柊の小枝に、
焼いて臭いが強くなるいわしの頭を玄関に飾ります。

これは「柊(ひいらぎ)いわいし」と呼ばれ、
節分の鬼を家に入れなくする
そんな思いが込められているんです。

こう知ると、
節分の豆まきと意味が似てますね。

鰯1

ところでこの「柊いわし」

玄関に飾る時期などは、
関西の中でも、
地域で細かく分かれていますが、

一般的には、節分の前日に飾り
節分の翌日に外すとされています。

地域によっては、
邪気が払い終わるまで、
飾り続ける場合もあるそう。

では、この「節分いわし」
いつから始まった風習なのでしょうか。

実は意外と古く、
平安時代の頃と言われています。

平安時代の作家、
紀貫之(きのつらゆき)の土佐日記にも、
節分いわしの話が記載されており、
当時はしめ縄に、
柊の枝とボラの頭を刺していたようです。

これがその後、
現在の「節分いわし」になっていったんですね。

Sponsored Link

節分にいわしを食べる意味は?

いわしの頭は玄関に飾りますが、
体の方はもちろん美味しくいただきます。

でも、いわしを節分に食べる意味は、
あるのでしょうか。

いわしを漢字で書くと、
魚へんに弱いで「鰯」となりますよね。

いわしの語源はこの
「弱し」や「卑しい」から来ており、
更に独特な臭いをもった魚として知られています。

あまりいいイメージではないですが、
昔の人は、この弱くて卑しい臭い
そんな魚を食べることで、

「陰の気を消す」
「邪気を払う」

と考えていたそうです。

ところでいわしは、
タウリンや、DHC、カルシウムなど、
栄養豊富な魚ですよね。

この寒い冬を乗り切るために、
いわしは最適な食材です。

陰や邪気を払って
健康な体を維持する。

そう考えると昔の人の知恵は、
現在でも理にかなった、
素晴らしい風習だと言えますね。

ff584a7729e9472334c397cb12b9c5bc_s

最近では、
玄関に柊いわしを飾る家庭
少なくなっているようです。

でも、いわしを節分に食べる風習は、
まだ関西に根強く残っています

今年の節分は、
豆をまき、恵方巻やいわしを食べ、
一年の健康を、
家族で願ってみるのもいいですね。

Pocket

Sponsored Link

あなたにおすすめの関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ