節分に鬼が出てくる由来を知ってますか?

Pocket

b30030c2b620d933a8c99aae53864db8_s

節分の日には、
「鬼は外、福は内」と言いながら、
鬼に向かって豆を投げ、
鬼退治をしますよね。

そんな定番の行事である、
節分の豆まきですが、
必要不可欠な存在であるについて、
皆さんはどのくらい知っていますか?

鬼には一体どんな意味や由来があるのか。

今回はそんな鬼を含めた、
節分についてお話ししますね。

Sponsored Link

節分の由来とは?

節分の由来は中国から始まります。

古代中国では、
季節の変わり目に出てくる、
邪気や疫病を追い払うために、
「追儺(ついな)」という
宮中行事が行われていました。

この行事は、
鬼の面を付けた鬼役の人を、
桃の木で作った弓矢で射って、
追い払うという儀式で、

これが奈良時代の日本に伝わり、
「追儺式」として、中国同様に、
邪気や厄病を追い払うことになったんですね。

ところでこの追儺式は、
陰陽師によって行われていて、
その中の「豆打ち」の儀式が、
現在の豆まきの由来となったと言われています。

また「豆打ち」という呼び名が、
「豆まき」となったのは、江戸時代の頃で、
豆打ちの仕草が、
農家の豆をまく様子に似ていたから、
とされています。

ちょっと面白い理由ですね。

Sponsored Link

節分の鬼って一体なに?

節分に豆をなげられる鬼とは、
一体なんなのでしょうか。

実は「鬼」という名前は、
「隠(おぬ)」「陰(おん)」
由来となっています。

これらは文字のイメージ通り悪いもので、
「目に見えない邪気」を表現しており、

これがのちに「鬼」と呼ばれ、
主に疫病や天災、飢餓などの、

人の手に負えない、目に見えない、
恐ろしいものを指すようになったんです。

そんな意味が込められてる鬼を、
豆を使って追い払うために、
節分に鬼が登場するようになったんですね。

ちなみに、
現在の私達が知る鬼の姿にも理由があります。

昔の日本人は、
鬼が、
鬼門を指す丑寅(うしとら)の方角に住んでいる
と考えており、

その事から、鬼は、
牛と虎の特徴をもっている、
とされていました。

つまり、鬼の角は牛から、
また、キバや鬼のパンツは、
に掛けているんですね。

6688f2af1253f6bb585216e3733979db_s

節分の正しいルールとは?

では、節分の正しいルールを、
簡単に説明しましょう。

・豆は炒る前に神棚などの高い場所にお供えし、
豆に神様の力が授かるようにする
鬼は夜に来るので、必ず夜に豆をまく
・豆は炒ってからまく
・豆をまくのは「家長」が基本、
「年男」「年女」の場合もある
・豆まきの後は年の数より、1つ多く豆を食べる

以上が正しいルールです。

このルールを守ることで、
目に見えない厄でもある、
鬼を追い払うことができるんですね。

最近は、
豆まきをしない家庭もあるようですが、
節分ではしっかりと豆まきをし、
家の中にいる鬼を外へ出して、
一年を健康に過ごしたいものです。

また子供のいる家庭では、
ぜひ節分の鬼の意味や由来も、
教えて下さいね。

Pocket

Sponsored Link

あなたにおすすめの関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ