迷ってしまう同窓会での服装!50代の男性の場合は?

Pocket

311312

同窓会には、
普段から着慣れているスーツで大丈夫!

服装にこだわるなんて、格好悪いよ。

そう思っている、
50代の男性はいませんか?

確かに、
同窓会でのスーツは定番の服装ですが、
それだけに、
「ただのオジサン」
に見えてしまう場合もあるんです。

何十年かぶりに会う仲間ですから、
あいつ、「格好いいな」
なんて思われたいのが本音では?

今回は、同窓会で50代の男性が素敵に見える、
同窓会での服装についてお話ししますね。

Sponsored Link

50代男性がお洒落に見える服装の基本

50代ともなれば、
若い子たちとは違い、
TPOも身についていますから、
落ち着いた服装が中心となります。

そうなると、
ジャケット、シャツ、パンツの組合せや、
スーツ上下が定番ですよね。

ところがこの定番の服装、
サイズが大きめのものを着ると、
野暮ったく見えてしまうのは
ご存知でしょうか。

俗にいう、
オジサンっぽい服装になってしまう人は、
自分のサイズより、
大きめのものを着ている場合がほとんどです。

つまり、自分にピッタリのサイズを選ぶことが、
お洒落に見える服装の基本なんですね。

Sponsored Link

50代男性が陥りやすい間違った服装は?

ホテルが会場の同窓会の場合は、
スーツを着ることが多いので、
比較的安心できますが、
居酒屋やレストランでの同窓会は、
いつもより、
キレイ目な普段着を選ばなくてはいけませんよね。

では、あなたのキレイ目な普段着は、
どんな洋服かを答えられますか?

これが50代の男性に、
特に、奥様に普段から、
洋服を任せっきりにしている人にとっては、
意外と難しいようです。

そんな50代の男性が、
注意しなければならない、
間違った普段の服装の代表例は、
以下の通りです。

・白い靴下を履く
汚れが目立ちやすいので、
避けたいところです。
特にスーツやジャケットを着る場合は、
履かない方が無難です。

・シャツの代わりにポロシャツを着る
ポロシャツに問題はないのですが、
組合せによっては、
ゴルフウェアーに見えてしまいます。

特に、
襟がヨレヨレになっているものは厳禁ですね。

・裾の短いパンツは履かない
若い人の間では、
くるぶしが見える丈のパンツを見かけますが、
50代ならば、
年相応の丈のパンツが似合います。
 
ちなみに、50代の服装に、
一番必要なものは「清潔感」です。

50代になれば、
白髪は増えて体形は崩れ、
顔だってしわしわになってきます。

だけど、この50代に清潔感が加われば、
それが「渋み」に変わるんです。

このことをぜひ覚えておいて下さい。

man-918576_640

お洒落のセンスは、
すぐに身につく物ではありません。

ここは素直に、身近な女性である奥様や、
店員に相談して選んだり、
男性専用のプロのスタイリストに、
服装を選んでもらうサービスを利用するのも手ですね。

数年に一度の同窓会ですが、
楽しい時間を過ごせるように、
自分に合う素敵な服装を選んでくださいね。

Pocket

Sponsored Link

あなたにおすすめの関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ