鏡割りと鏡開きの違いは?どういう時に使い分ける?

Pocket

4c3f845d5f0c0287fcc9e13ba909a4c5_s

お正月のアイテムとして欠かせない鏡餅を、
1月11日に家族みんなで食べる。

お祝いの席で樽酒のフタを割って開ける

どちらも「鏡開き」と言います。

しかし、「鏡割り」と呼ぶこともありますよね。

この「鏡割り」と「鏡開き」の違いって、
一体何なのでしょうか?
そもそも違いはあるのでしょうか?

今回は、お正月や祝い事で、
この言葉が使われるようになった経緯から、
「鏡割り」と「鏡開き」違いを探ってみました。

Sponsored Link

お正月での「鏡割り」と「鏡開き」とは?

お正月には欠かせない鏡餅。

この鏡餅には歳神様が宿るとされ、
これを食べることによって、
無病息災を願う風習がありました。

ではどのように食べていたのでしょうか?

数日間お供えしていた鏡餅は、
当然ながら堅くなっていますよね。

そのため「縁を切る」「腹を切る」
連想する刃物をあえて避け、
木槌などで割って食べていたんです。

つまりこの鏡餅を割る行為から、
「鏡割り」と言われるようになったんですね。

しかし、「割る」という言葉のイメージが、
家族の分裂に繋がるとされ、
かわりに縁起の良い、
「開く」という文字に変化していきます。

鏡餅の丸い形から「円満」
開くという言葉から「末広がり」
それらを意味する縁起の良いものとして、
「鏡開き」が定着したんです。

つまり、お正月での場合は、
鏡割りも鏡開きも本来は同じもので、
違いは無かったということなんですね。

Sponsored Link

祝い事での「鏡割り」と「鏡開き」は?

では、祝勝会や結婚式などでよく見かける
鏡開きの場合はどうでしょう。

この鏡開きの始まりは、
お正月に行われる神事とは異なり、
武士が出陣前に行う、
必勝祈願の慶事(けいじ)からだと言われています。

酒樽を前に必勝の踊りを舞って、
日本酒を飲んでは結束を固めていたようです。

その時に使用されていた酒樽のフタが、
平たく丸いことから、
当時は「鏡」と呼ばれていたんです。

つまり、木槌で酒樽のフタを割る
その様子をそのまま、
「鏡割り」
と最初は言っていたんですね。

しかし、こちらもお正月の場合と同様、
「割る」という言葉は縁起が悪い、
とのことから、
「鏡開き」
と呼ばれるようになりました。

たしかに「割る」からは、
「夫婦の縁を割る」を連想するので、
結婚式などで行うには、
ちょっとはばかられる感じもしますね。

鏡開き

結局お正月と祝い事の場合では、
始まりは異なっていても、
「鏡割り」と「鏡開き」という言葉には
ほぼ違いが無いことがわかりました。

鏡餅にしても、酒樽のフタにしても、
私達が利用する場合は、
おめでたい席でのことになりますよね。

つまりどちらの場合でも
「鏡割り」よりは「鏡開き」と呼ぶ方が、
間違いがないと覚えておいた方が安全なんです。

いかがでしたか?

ぜひ機会があれば、ちょっとした雑学として、
鏡割りと鏡開きのことを、誰かに話してみてください。

Pocket

Sponsored Link

あなたにおすすめの関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ