鏡開きの日が関東と関西で違う理由!あの将軍様が原因!?

Pocket

PHOT0000000000095868_500X375

お正月が終わると行うのが鏡開き

お供えしていた鏡餅をおろし、
家族みんなで無病息災を祈りながら
お雑煮やおかきにして食べますよね。

ところがこの鏡開き、
関東と関西で行う日が違うことを
知っていましたか?

一般的には1月11日とされていますが、
関西では1月15日に、
京都やその近郊では1月4日に、
鏡開きが行われています。

一体どうして鏡開きの日が、
こんなにも違うのでしょうか。

今回はそんな鏡開きの日が、
関東と関西で違う理由をお話しします。

Sponsored Link

鏡開きの日にも意味がある

鏡開きをする日とは、
お正月にお招きして、おもてなしをした、
歳神様をお送りする日です。

昔の人は歳神様を送ることで、
お正月のお祝いから、
普通の生活に戻る区切りとしていました。

現在でいう仕事始めのような意味も、
鏡開きにはあったんですね。

ちなみに当時の鏡開きは、
1月20日に行われており、
武家の女性が鏡台にお供えしていた鏡餅を、
「初顔祝う」として食べていたことが、
一般に伝わったと考えられています。

現在の私達が行っている鏡開きは、
武士から伝わったものなんですね。

Sponsored Link

関東と関西の違いはあの将軍様が理由!

江戸で鏡開きを定着させた功労者が、
徳川三代将軍 家光ということは
ご存知でしょうか?

家光のお達しで、
江戸城では1月20日の昼食に、
女中も含めお汁粉を振る舞ったそうです。

この催しが庶民へ伝わり、
鏡開きとして広がったと言われています。

また武士にとって鏡開きは、
稽古始めのもっとも大事な行事として、
武家道場でも鏡開きが行われるようになり、
ますます身近なものになっていったようです。

96117518c00eebbc64de021c82ca8076_s

そんな中、徳川家光が、
4月20日に亡くなってしまいます。

これ以来、
家光の月命日である1月20日を忌日として避け
1月11日に鏡開きをする習慣が、
江戸幕府のある、
関東を中心に広がっていきます。

また、鏡開きの後も、
お正月の飾りをしているのはおかしなこととされ、
1月15日だった松の内を、
1月7日に変更することに!

家光の死によって、
関東では年始の行事日が、
大きく変わっていったんですね。

ところが関西では、
この関東の風習が正確に伝わらなかったようで、

松の内は1月15日のまま、
鏡開きも1月15日にする、
と現在に伝わっているんです。

つまり関東と関西の鏡開きの日は、
徳川将軍家光の死によって違ってしまったんですね。

もし、家光が2日くらい長生きしていたら、
この差は無かったかもしれないなんて本当に驚きです。

鏡開きをする際は、
関東と関西の日の違いに、
そんな裏話があることを思い出しながら、
行うのもまた一興ですね。

また、引っ越しなどをする場合は、
地域によって異なる、
鏡開きや松の内を調べることが大事です。

ぜひ気を付けて下さいね。

Pocket

Sponsored Link

あなたにおすすめの関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ