雛人形はいつからいつまで飾る?片付けの時の注意点は?

Pocket

121d7770428707f99e00b1db76a17eca_s

節分が終わってのんびりしていると、
あっという間にひな祭りの時期に!

毎年慌てて雛人形を飾っています!
なんてご家庭は多いですよね。

でも雛人形は、
一体いつから飾ることが
一番いいか知っていますか?

可愛い娘のためにも、
雛人形はきちんと飾りたいもの。

今回はそんな雛人形を、
いつからいつまで飾ればよいのか
また、片付ける際に注意することをお話ししましょう。

Sponsored Link

雛人形を飾る時期はいつから?

一般的に雛人形を飾るのは、
立春から2月の中旬とされています。

つまり節分が終わったら
雛人形を飾るということですね。

また、雪が雨になり、
氷が溶けて雨水に変わるとされる、
2月19日「雨水(うすい)」
雛人形を出すという地域もあります。

結論から言うと、
雛人形を飾る日はこれ!
という、ハッキリとした決まりはないので、
都合のよい時期で大丈夫です。

安心して雛人形を飾ってください。

ちなみに、ひな祭りの前日に、
雛人形を飾ることは、
一夜飾りと呼ばれ、
大変縁起が悪い行為です。

出来ればひな祭りの、
一週間前には飾りたいものですね。

Sponsored Link

いつまで雛人形は飾るの?

いつまでも雛人形を飾っていると、
娘の婚期が遅れる!
結婚できない!

そんな迷信話を聞いたことありますよね。

これは娘の厄や災いを、
雛人形に移す考えから、

早く片付けて、
遠ざけようとしたことが、
由来と言われています。

また素直に、
雛人形をすぐに片付ない子は、
後片付けも満足にできないことから、
いいお嫁さんになれないという、
戒めの意味もあるようですね。

では、雛人形は、
いつまでに片付けるといいのでしょうか。

昔は春の温かさを感じて、
虫が土から出てくるという、
3月6日頃「啓蟄(けいちつ)」まで
とされていましたが、

現在は、ひな祭りの翌日である、
3月4日が主流となっています。

また、忙しくて、
すぐに雛人形を片付けられない場合は、
内裏雛(だいりひな)
後ろ向きで飾るといいでしょう。

こうすることで、
雛人形が「お帰りになった」
または「眠っている」意味となります。

それでも、
ひな祭りから一週間以内には、
雛人形を片付けるよう心掛けて下さいね。

1d9646848e8b14afb3903080ca6cacf9_s

雛人形を片付ける際の注意点とは?

雛人形は一年のほとんどが、
収納された状態になっています。

また雛人形はの使用量が多く、
湿気にはかなり弱いもの。

なので、
片付け方は本当に重要なものになります。

雛人形の片付けのポイントは、
以下の通りです。

・雛人形は、晴れた、
 湿気の少ない日に片付ける
・雛人形の顔や手には直接触れない
・チリや埃を、箱にしまう前に、
 羽毛ハタキなどできちんとはらう
・箱の中で人形が移動しないよう、
 柔らかい布や紙で固定する
・人形用の防虫剤を入れて、
 高多湿ではない場所に収納する

このくらいの注意は必要です。
気を付けて下さいね。

3月の中旬になると、
暖かくなり湿気も増えますよね。

そういう意味でも、
雛人形は早く片付けた方がよさそうです。

娘に早く嫁に行ってもらいたくない!
だから雛人形はもう少し飾ろう!

そんな父親の気持ちもあるでしょうが、
ここはサクッと片付けましょうね。

Pocket

Sponsored Link

あなたにおすすめの関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ