雛人形を処分する方法!安心して手放せる色々な方法

Pocket

雛人形4

娘が生まれてから、
毎年ひな祭りに飾っていた雛人形

でも娘が一人暮らしを始めたり、
結婚をした事をきっかけにして、
飾れることなく、
押入れの中で眠っていること、
多いですよね。

いざ雛人形を処分しようとしても、
「人形には魂が宿る」
と言われていることから、

粗大ごみで出すのにも
気が引けて困ってしまいます。

そこで今回は、
安心して雛人形を処分できる、
色々な方法を紹介します。

Sponsored Link

雛人形を他の人に譲る方法

本来の雛人形は、
娘の代わりに厄を受ける意味で、
一人に一つとされ、
人に譲るのは好ましくないと言われています。

でも現在はあまりこだわらず、
譲りあうことも多いようです。

親戚などの親しい間柄で、
欲しいという人がいるならば、
快く譲るのは一つの手ですよね。

また雛人形の場合は、
リサイクルショップでは、
買い取りされていないことが
ほとんどですが、

ネットショップでは、
中古の雛人形をよく見かけます。

日本人だけではなく、
海外ではインテリア雑貨として、
雛人形には高い需要があります。

比較的高価で本格的な雛人形は、
特に高額で買い取りされているので、
売買することに抵抗がなければ、
ネットオークションに出品するのもいいでしょう。

また、有効に利用してもらいたい、
そんな気持ちがあるのなら、
近くの自治体に、
寄付の問い合わせをしてみて下さい。

最近では、児童養護施設や保育園、
または老人施設などで、
雛人形を必要としている施設が少なくありません。

場合によっては、
寄付として受け取ってくれることも
あるようですよ。

Sponsored Link

雛人形を人形供養して処分する方法

雛人形の由来を考えると、
他人に譲るのはちょっと嫌だな…

そう思う人には、
人形供養をお勧めします。

実は「日本人形協会」が、
日本郵政と提携して、
人形供養の代行サービス
を行っています。

電話やインターネットで申し込むと、
手続き終了後には、
郵便局が集荷してくれるという、
とても便利なサービスです。

もちろん集荷した雛人形は、
東京大神宮人形感謝祭で、
しっかりと供養されます。

雛人形5

これなら安心して、
雛人形を処分できますよね。

ただし、料金は1箱5,000円で、
受け付けるのは人形だけ

飾りや小物は、
自分での処分となるので、
注意してください。

その他にも有名なところとして、
徳島県勝浦群勝浦町で行われる、
「ビックひな祭り」
に送る方法もあります。

もちろんこちらも、
送料や供養料金が必要です。

また、近くの神社や寺でも、
雛人形の供養を行っている場合
多くあります。

供養の方法や、料金は様々なので、
一度問い合わせてみるといいでしょう。

今まで娘の代わりに、
厄を受けてくれた雛人形です。

どんな形で処分することになっても、
雛人形へ感謝する気持ちを、
忘れたくないですよね。

これらを参考に、
ぜひあなたに合った方法で、
雛人形とお別れしてください。

Pocket

Sponsored Link

あなたにおすすめの関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ