お彼岸の期間はいつからいつまで?お彼岸ってなに?

Pocket

221722

「暑さ寒さも彼岸まで」

という言葉にもあるように、
昔から季節の変わり目
行われているお彼岸

ところが意外なことに、
お彼岸の本来の意味や期間を、
知らないという人が、
結構多いんですよね。

長く続いている風習だからこそ、
日本人ならぜひお彼岸について、
知っておきたいもの。

そこで今回は、
お彼岸とは何か?
期間はいつからいつまでか?

についてお話ししましょう。

Sponsored Link

お彼岸って一体なに?

お彼岸とは仏教の教えから来ている、
日本独自の行事です。

仏教の教えでは、
太陽が昇る東側を、
煩悩と迷いが存在する、
私達が住む世界、
「此岸(しがん)」と、

西側を悟りの世界
つまり亡くなった故人が住んでいる、
「彼岸」と考えられています。

そう言えば中国の三蔵法師は、
お釈迦様に会うために、
西の天竺に向かって旅をしていましたよね。

また、この此岸と彼岸の世界が、
一番近くなる時期は、
太陽が真東から昇り、
真西に沈む時期とされています。

この時期といえば…?
そう!春分と秋分の日なんです!

この2つの世界が一番近づく、
言い換えれば私達と故人の思いが、
最も通じるこの時期に、
お墓参りなどの先祖供養を行う。

これを、
「お彼岸」と言うようになったんです。

だからお彼岸は、
春と秋の2回あるんですね。

ちなみに、
日本でお彼岸が始まったのは、
平安時代から。

本来は天皇の詔(みことのり)
によって行われていた行事でしたが、
徐々に民衆にも広がり、
日本の風習として定着したようです。

お彼岸は想像以上に、
昔から行われていたんですね。

Sponsored Link

お彼岸の期間はいつからいつまで?

1年に2回あるお彼岸の期間ですが、
春分の日、秋分の日、
それぞれを中心にした、
前後7日間となります。

またお彼岸の最初の日を彼岸の入り
最後の日を彼岸明け
春分・秋分の日を中日(ちゅうじつ)
呼びます。

2016年(平成28年)でしたら、

▼春のお彼岸
彼岸の入り…3月17日(木)
中日…3月20日(日)
彼岸明け…3月23日(水)

▼秋のお彼岸
彼岸の入り…9月19日(月)
中日…9月22日(木)
彼岸明け…9月25日(日)

ということになりますね。

お彼岸の日の基準となっている、
春分と秋分の日ですが、
毎年同じ日というわけではありません。

なのでお彼岸の日は、
年によって日にちが多少前後するので、
注意してください。

95eb99aad75fd5c3dfacd71a31bc8889_s

まとめ

国民の祝日を定めた法律では、
春分の日
「自然をたたえ、生物をいつくしむ日」

秋分の日
「先祖を敬い、亡くなった人々を偲ぶ日」

と定めています。

国民の祝日になるくらい、
昔から日本人にとっては、
大切な日ということなのでしょう。

お彼岸はご先祖様への気持ちを伝える、
日本独特の風習です。

ぜひこのお彼岸を機会に、
家族そろって、
お墓参りに出掛けてみて下さいね。

Pocket

Sponsored Link

あなたにおすすめの関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ