お墓参りの花にタブーはあるの?菊の花が多い理由は?

Pocket

763c58834b99279e9fc3597192011480_s

お墓参りで見かける仏花は、
だいたいが菊の花が中心で、
どれも同じようなイメージですよね。

私だったら、
どれも似たような仏花ではなく、
もう少し可愛らしいピンクや白の花を
アレンジして飾って欲しいのに、
どうしてなんだろう?

そう思ったことはありませんか?

そもそもお墓参りの花には、
タブーがあるのでしょうか?

どうして菊の花が、
中心となっているのでしょうか?

そこで今回は、
お墓参りの花について
詳しくお話しします。

Sponsored Link

お墓参りには菊の花が人気の理由!

お墓やお仏壇など、
弔いの花というと、
を思い出しますよね。

実際、花屋で販売している仏花には、
必ずといっていいほど、
菊が使われています。

一体どうしてでしょうか。

それには以下の理由があります。

・切り花にしても長持ちするから
・邪気を払う効果があるとされているから
・種類や色が豊富だから

どれも納得の理由ですよね。

また現在のように、
たくさんの花の種類がない
昔の日本での菊は、

「菊まつり」が行われるほど、
身近で馴染み深い花でした。

そんなこともあり、
現在でも菊は、
仏花に多く使われているんですね。

Sponsored Link

お墓参りの花のタブーは?

ではお墓参りの花に、
タブーはあるのでしょうか。

実は昔から、
タブーとされている花があるんです。

蘇悉地羯羅経(そしつじからきょう)
と言う経典に、
次のような記述があります。

棘のある花、
黒い花、
異臭のある花は
あげてはいけない

この記述には諸説ありますが、
お供えした花は、
あの世に増えて届くと言われており、

これらの花がたくさん届くと、
あの世の居心地が悪くなるため、
お供えしてはいけないと、
されています。

さらにこの経典には
書かれていませんが、

彼岸花のように、
毒がある花も、
お供えに使ってはいけません

つまり、これらに当てはまる花は、
タブーに当たりますが、
それ以外は供えても大丈夫なんです。

ちなみに最近はこのタブーも、
気にする人が少なくなっているようで、
本来はタブーとされている、
バラの花の棘を取って、
供える人も増えているとか。

b9a97b47901130e2a8d0c0ee2f6b52fd_s

結局お墓参りの花は、
故人を思う気持ちがあれば、
どんな花でも供えて大丈夫!

という考えなんでしょうね。

ところでお花を供える際の、
古いしきたりとして、
お花の数3、5、7などの、
奇数が良いとされています。

販売している仏花などを見ると、
あまり守られていない
しきたりのようですが、
気にしている人もいるので、
注意して下さいね。

お墓参りに供える花には、
知らないタブーがありましたが、
覚えてしまえば意外と簡単なことばかり。

ぜひお墓参りに行く際は、
故人のことを偲びながら、
あなたなりのアレンジをした、
素敵な仏花を供えて下さいね。

Pocket

Sponsored Link

あなたにおすすめの関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ