いよいよ桜の季節到来!桜開花から満開までの日数は?

Pocket

f780194cccad87a53c3526dfae4bbf4e_s

「今週末にお花見をしよう!」

そう思っていたら、
桜が散ってしまってガッカリ

誰でも一度はそんな経験、
ありますよね。

毎年ニュースで桜の開花宣言が
報道されているのに、
どうして上手くいかないのでしょうか。

今年こそ満開の桜の下で、
お花見をしたい!

そんなあなたのために、
日本気象協会から発表される、
桜開花宣言の基準や、
開花から満開までの日数について、
お話ししますね。

Sponsored Link

桜の開花宣言とは?満開の基準は?

日本気象協会が発表している
桜の開花宣言は、
各都道府県の標本木
主にソメイヨシノを
基準にして行われています。

この標本木は、
公園や寺社など、
周囲の環境が
変わりにくい場所にある木を、
選んでいるようですね。

ちなみに桜の開花は、
標本木に5~6輪の花が開いた状態を、
満開は、80%以上のつぼみ
開いた状態を指しています。

また近年では、
ウェザーニュースや、
ライフビジネスウェザーなども、
独自の調査で桜の開花予想を行っています。

これらを見比べて、
お花見のスケジュールを立てると、
確実かも知れませんね。

Sponsored Link

桜の開花から満開までの日数は?

では、桜の開花から満開までの、
大まかな日数はどのくらいなのでしょうか。

一言で桜と言っても種類は様々。

桜の種類によって、
日数も微妙に異なります。

◆ソメイヨシノ
代表的な桜の木です。
開花から満開までは約1週間
満開から散り終わるまで、
1週間となっています。

◆エドヒガンザクラ
エドヒガンが散ると、
ソメイヨシノが咲くと言われています。
花が咲いている時期は、
2週間ほどですね。

◆シダレザクラ
ソメイヨシノと同時期に咲き始め、
同じように散っていきます。

◆ヤエザクラ
ソメイヨシノと比べると、
1~2週間程度遅れて咲きます。
天候によっては、
4月の末まで花を楽しむことができますよ。

桜の花は天候に大きく左右されるのが、
大きな特徴です。

開花後に寒い日が続くと、
花は長く咲き続けますし、
雨や風によっては、
早くに散ってしまいます。

開花後の天候を注意してみるのも、
大事なんですね。

f9fa20e98f935c1567fd1d1ba948fe1a_s

満開の桜を見逃した時はどうする?

満開の桜を見逃した!
でもどうしても見たい!

そんな時は北海道に来ることを、
オススメします。

例えば北海道の南にある函館市では、
ゴールンウィーク中に、
桜が満開になる場合が多々あります。

函館市の観光地、五稜郭の桜は、
期間中ライトアップもされ、
夜でも楽しめると評判です。

また、
北海道で最も開花が遅いとされているのが、
根室市の清隆寺

こちらで咲くチシマザクラは、
年によっては、
7月まで花を付けていることが!

ちょっと驚いてしまいますよね。

b90eb2895e6cfd700fa4e211306efb2f_s

桜は日本の春を代表する花ですが、
花の寿命はとても短いものです。

それでも短い時間の中で、
毎年私達の目を楽しませ、
癒してくれますよね。

今年はそんな桜に感謝しつつ、
満開の花見を楽しみましょう。

Pocket

Sponsored Link

あなたにおすすめの関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ