日本三大夜桜の名所!高田公園の桜の由来と見ごろは?

Pocket

高田公園1

お城をバックに見る桜は、
日本人なら誰もが胸を熱くする
風景ですよね。

そんな風景を楽しめる、
私のオススメ花見スポットと言えば、
新潟県上越市にある高田公園です。

この高田公園ですが、
桜が有名なだけでなく、
歴史的なロマンが隠されていることを、
あなたは知っていますか?

そこで今回は、
高田公園の意外な由来と、
桜の見ごろについてお話しします。

Sponsored Link

高田公園の桜やお城の由来には意外な人物が!

弘前公園上野恩賜公園と並び、
日本三大夜桜として有名な高田公園

この高田公園内にある高田城は、
慶長19年(1614年)に、
豊臣家との決戦である大坂冬の陣を見据え、
徳川家康の六男、松平忠輝が築いた近世城郭です。

13の大名に幕府が命じ、
4か月の短時間で作られた城ですが、
総監督として指揮をとったのが、
かの有名な伊達政宗

これは正宗が忠輝の舅だったことが
関係しているようですが、
歴史好きの方にとっては、
なんだか興味深い話ですよね。

高田城はこの後、明治4年に廃城
明治24年、城跡は公園として整備され、
2,200本の桜を植樹することに。

今では4,000本もの桜が、
満開の花を咲かせることで、
有名な公園になっています。

桜の名所100選にも選ばれた
この公園の様子を見て、
派手好きで粋な伊達政宗も、
さぞ満足しているのではないでしょうか。

Sponsored Link

今年の高田公園の桜の見ごろと交通アクセスは?

例年ですと高田公園の桜は、
4月の上旬に開花
4月中旬に満開となっています。

ただ近年、暖冬の影響か、
開花が早まる傾向があるので、
注意が必要ですね。

また高田公園を有名にしたのが、
高田城百万人観桜会というイベント!

3,000個ものぼんぼりを飾り、
桜を淡く照らす様子は、
ライトアップされた高田城と相まって、
とても幻想的な風景です。

高田公園

2016年の開催日は、
4月1日(金)〜4月17日(日)まで。

ライトアップは、
日没〜22時頃となっています。

高田公園の交通アクセスは以下の通りです。

車の場合…北陸自動車道上越IC下車約10分
     上信越自動車道上越高田IC下車約10分

電車の場合…JR高田駅から徒歩15分

⇒高田公園公式サイト

土日は交通規制が行われるので、
公共交通機関の利用をオススメします。

また車で出かける場合は、
公園付近に駐車場がなく、
臨時駐車場を利用することになります。

そこからは有料のシャトルバスが
発着しているので、
子供連れの方などは、
こちらを利用すると便利ですよ。

有名な桜のスポットなので、
さすがに見ごろの時期は
混雑が予想される高田公園。

でも美しい桜とお城の風景を見たら、
そんな苦労も吹き飛んでしまうこと
間違いなしです。

北陸新幹線も開通し、
行き来もしやすくなりました。

ぜひこの機会に、
素敵な高田公園の桜を見に、
出かけてみてはいかがですか?

Pocket

Sponsored Link

あなたにおすすめの関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ