潮干狩りでアサリ・ハマグリを大量に採るコツ!

Pocket

c2b6d1f1b372e6434c2e06aab255964a_s

潮干狩りのシーズンがやって来ました!

毎年毎年、潮干狩りをしているけど、
なかなか上手く掘り当てることができない…

そんな悩みを持っている人はいませんか?

経験者の方曰く、
潮干狩りにはちょっとしたコツがあるそうです。

潮干狩りといえば、
採れるのはアサリとハマグリですよね。

そこで今回は、
潮干狩りのコツを、
アサリの場合とハマグリの場合で、
以下にまとめてみました。

アサリ、ハマグリを大量にゲットするために
是非参考にしてください!

Sponsored Link

潮干狩りのコツ:アサリの場合

狙い目の時間帯は潮が引いていく時間

潮が引くのに沿って、
どんどん沖に掘り進みます。

潮が引き始めると同時に掘り始めるられよう、
干潮時間より少し早めに到着して、
準備しましょう。

アサリは漢字では浅蜊と書きます。

その名の通り、浅いところに生息しており、
固まって生活しています。

5cm〜10cmの深さで、
広く浅く掘ってみると効率よく探せますよ。

一個見つけたら、周りにもたくさんいるはずなので、
大きく移動せずに、少しずつ少しずつ、
周りを掘りながら進みましょう。

砂地の盛り上がった部分と、
水が溜まっている部分の境い目に、
潜っている場合が多いです。

ところどころ、
砂地にポツポツと開いている小さな穴

これは「アサリの目」といい、
アサリが引っ込んだ後に残ったものです。

ということは、その穴の近くには、
アサリがいる可能性大!

深く潜っていることはないので、
浅く広く掘ってみてください。

それで何も出てこなかったら、
近くにアサリはいないので、
さっさと次の場所に移動しましょう。

Sponsored Link

潮干狩りのコツ:ハマグリの場合

ハマグリは
アサリよりは少し深いところに住んでいます。

沖の方に向かい、
アサリよりは深目に、
15cmぐらい掘ってみましょう。

基本はアサリを探すときと同じです。

ハマグリの目を探して、
その周辺を掘ってみる。

また、ハマグリは、
自然堤防の周辺に生息していることもあるので、
その辺りを少し深めに掘るのも手です。

a2270746a0ecec003524160f5e642869_s

どうしても自分でなかなか見つけられなかったら、
たくさん採っている方に場所のヒントをもらうとか、

いかにも地元の方
慣れている様子の方の近くで
掘ってみるのもいいかもしれません。

くれぐれも邪魔にならないように、
気をつけてくださいね!

以上のコツを踏まえて潮干狩りをすれば、
いつもよりも多くの、
アサリやハマグリを見つけることができるでしょう。

今年は大量に採って、
アサリやハマグリの美味しい料理を楽しみましょう!

Pocket

Sponsored Link

あなたにおすすめの関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ