お中元にどんな意味と由来があるか知っていますか?

Pocket

a55579b38156b59ecf8464ea0c6b1a12_s

「夏の贈り物」
「夏のご挨拶」

と言えば、
思い出すのがお中元ですよね。

毎年この季節になると、

今年はなにを贈ろうかなぁ
何を贈ったら喜ばれるんだろう

と頭を悩ませる私ですが、
そもそものお中元の意味や由来を、
あなたは知っていますか?

すっかり日本の習慣に根付き、
形式化されているお中元ですが、
意味や理由を知ることで、

「お中元の準備は面倒だ」

なんて気持ちが解消するかも!

そこで今回は、
お中元に込められた意味と由来について、
お話ししますよ!

Sponsored Link

お中元の由来は中国から!意味も大きく変化した!

お中元の始まりは、
中国の道教からと言われています。

道教では1年に3回
火を焚いて決められた神を祝う、
「元」という風習がありました。

・上元(1月15日)…福の神を祝う
・中元(7月15日)…罪を許す神を祝う
・下元(10月15日)…災害除けの神を祝う

これら3つの日を合わせて、
中国では「三元」と呼び、
盛大にお祝いをしていたようです。

この三元の風習は、
のちに日本へ伝わります。

ところが中元は、
本来神に自分の罪を償い、
身を清める意味だったのですが、
仏教の「お盆」と同じ日だったことで、
日本で独自の風習へと発展

室町時代ではお盆は死者へ、
中元は生きている人へ、
感謝を伝える行事となり、

江戸時代になると、
中元ではお盆のお供え物を、
親戚や親しい人等に配ることで、
お互いの無事を感謝し合う日として定着。

つまりこのお供え物を配る行為が、
現在のお世話になった方々へ贈り物をする、
「お中元」の始まりとなったんです!

もともと道教の行事だった中元は、
日本の仏教と交わることで、
大きくその意味を変えていたとは、
ちょっと驚きですね。

Sponsored Link

お中元の意味と由来を知れば贈る相手がわかる!

新社会人や新婚の方などは、
一体お中元は誰に贈るのか、
迷ってしまう場合が多いようですが、

お中元の意味と由来を知ると、
お互いの無事を、感謝し合える人に
贈るべきものだと分かりますよね。

つまりお中元を贈るとすると、

・実両親、義両親などの親戚
・親しい友人、尊敬する先輩
・お世話になった会社関係の人

などが当てはまります。

ただしお中元には、
「変わらぬお付き合いをよろしく」
という意味合いも含むため、
一度きりという訳にもいきませんから、

・長くお付き合いをする間柄か
・金銭的に毎年贈ることができる人数か

この2点を良く考えて、
贈る相手を選ぶことも大切です。

このことを忘れないで、
贈る相手を決めてくださいね。

931030df6778cb67d43784ec04d7d8bd_s

まとめ

我が家の場合、
職場内のお中元などのやり取りは
控えるルールとなっているので、

お中元を贈る先は実義両親と、
仲人の3か所となっています。

どちらも遠く離れた場所に住んでいるので、
確かにお中元を贈ることで、
日頃の感謝だけではなく、
お互いの無事も確認し合えるんですよね。

そう思うとお中元は、
大切なコミュニケーションツール!

お中元は面倒だなぁと考えず、
人間関係の繋がりを確認できる
いい機会ととらえて、
心のこもった贈り物をしましょうね。

Pocket

Sponsored Link

あなたにおすすめの関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ