お盆玉とは一体なに?その由来や相場を詳しく知ろう!

Pocket

お盆玉1

ここ最近、夏の新習慣として、
「お盆玉」という言葉をよく耳にします。

私が子供の頃には、
全く聞いたことがなかった
お盆玉の習慣ですが、

・お盆玉とは一体何か?
・いつから始まったものなのか?

などと分からないことだらけ!
なんて人も多いのでは?

そんな訳で今回は、
謎だらけのお盆玉について
色々と調べてみました!

Sponsored Link

お盆玉ってなに?由来はどこから?

お盆に親戚が集まった際に、
お小遣いを貰った経験はありませんか?

実はこの聞きなれないお盆玉とは、
このお小遣いの事なんです。

でもお正月のお年玉のように、
お盆玉と呼んだことはありませんし、
ましてや必ずあげるような
習慣ではなかったですよね。

では一体、
どうしてこんなことになったのでしょうか?

実はそこには企業の戦略
隠れていたんです。

もともと「お盆玉」という言葉の由来は、
江戸時代の奉公人に衣類や下駄を夏に贈る、
「お盆小遣い」
の風習が起源とされています。

この風習は山形県のごく一部で
行われていたものでしたが、

昭和初期の頃には、
子供へのお小遣いと変化し、
お盆玉の原型となったんです。

この全国的に広まっていなかった
お盆小遣いの風習に目を付けたのが、
山梨県のマルアイという会社

2010年にお盆玉という造語を商品登録し、
お盆玉のポチ袋を販売

さらに、2014年には全国の郵便局でも、
「お盆玉袋」として販売されたことから、
一気にお盆玉の習慣が
全国に広まっていったんですね。

なんだか新習慣の裏には、
常に企業の戦略がある!
という気がしますよね。

Sponsored Link

気になるお盆玉の相場はいくら?

お盆玉について分かると、
次に気になるのが相場金額ですよね。

子供にとっては嬉しい習慣でも、
大人にとってはお財布に直接ひびく、
頭の痛いお盆玉ですから、
気になるのは当然のことです。

ところが実際のお盆玉は、
夏の新習慣ということで、
これといった相場金額が
まだ決まっていないとのこと。

ただ、一般的な金額としては、
お年玉と比べて少ない傾向に
あるようですね。

▼一般的なお盆玉の相場
小学生…1,000円~3,000円
中学生…3,000円~5,000円
高校生…5,000円~10,000円

まだまだ馴染みの薄いお盆玉。

お盆に親戚が集まる場合は、
お盆玉を子供に渡すかどうか、
渡すとしたらいくらにするのか、
あらかじめ話し合って、
決めておくのがいいでしょう。

お盆玉2

我が家のお盆玉事情!

我が家の場合は親戚同士の話し合いで、
まだまだ馴染みのない習慣だから、
お盆玉としてのお小遣いは渡さない!
という方針に決定しました。

ただ、お盆時期に年金が支給される
祖父母たちはと言うと、

可愛いお盆玉のポチ袋を用意して、
みんなには内緒だよと言いつつ、
こっそりと孫たちに
渡しているようです(苦笑)

本音を言うとこれ以上
広まって欲しくないお盆玉ですが、

そんな祖父母たちの様子を見ると、
お盆玉が夏の新習慣から
風物詩へと定着するのも、
そう遠くない未来のような気がします。

今年の夏は念のため、
お盆玉のポチ袋を用意したほうが、
いいのかもしれませんね。

Pocket

Sponsored Link

あなたにおすすめの関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ