お盆に飾るなすときゅうり!この名前と意味を知っていますか?

Pocket

223487

日本独自の伝統行事といえるお盆

このお盆の時期になると、
なすやきゅうりに割り箸を刺して、
動物を作ったなんて経験はありませんか?

お盆に何気なく見ていたこの動物ですが、

どんな名前を持っているのか?
なにか意味を持った飾りなのか?

理解したうえで作った人は
少ないのではないでしょうか。

そこで今回は、
お盆に飾るなすやきゅうり
名前と意味についてお知らせしましょう!

Sponsored Link

お盆で飾るなすときゅうりの名前と意味は?

お盆の時期に飾られている
なすときゅうりで作られた動物を、
精霊馬(しょうりょううま)と呼びます。

きゅうりで作られたものは馬を意味し、
ご先祖様がこの世に帰ってくる際は、
少しでも早く着くようにという
私達の願いが込められており、

なすで作られたものは牛を意味し、
ご先祖様がたくさんの土産を持って、
ゆっくりと無事にあの世へお帰り頂くように、
との願いが込められているんですね。

つまりこの飾り物は、
あの世とこの世を行き来する
ご先祖様の大切な移動手段と言うわけ。

そう思うと、今まで何も考えず
作っていた精霊馬ですが、

今年のお盆は我が家に帰ってくる
ご先祖様のためにも、
乗り心地の良さそうな
または丈夫なものを作りたくなりますよね。

Sponsored Link

お盆に飾るなすときゅうりの精霊馬の作り方は?

では精霊馬の基本の作り方
お伝えしましょう。

材料はなすときゅうりと割り箸だけ!

作り方もいたってシンプルで、
ヘタの部分を頭に見立てて、
短い割り箸を刺して、
足を作れば終了です。

特に作り方のコツなどはありませんが、
強いて言えばなすやきゅうりは、
少し曲がったものを使うことで
動物らしさがアップしますね。

ちなみに我が家で精霊馬を作るのは、
幼い娘の担当です。

割り箸が上手く刺せないので、
細いつまようじを足にしていますが、
娘なりにシールやリボンで飾り付けた、
なかなかゴージャスな精霊馬
毎年出来上がります。

派手な精霊馬のお迎えに、
ご先祖様もさぞビックリして
いるんでしょうね(笑)

082572

お盆の後の精霊馬はどう処分するの?

お盆後の精霊馬はどうしたらいいのか
分からない人が多いようです。

お盆の間、ずっと飾られていた精霊馬は
傷んでいる場合もあるので、
食べることなく処分するのが一般的です。

昔の処分方法としては、

・海や川に流す
・庭の土に埋める
・送り火と一緒に燃やす

とされていましたが、
現在では環境問題などがあるため、
容易にはできませんよね。

そこで塩で清めた精霊馬を、
白い紙で丁寧に包み、
一般ごみとして捨てることが
主流となっているようです。

精霊馬はご先祖様の移動手段として
使われているものなので、
特に供養の必要はありません。

安心して処分してくださいね。

まとめ

お盆でよく見かける
なすときゅうりの飾り物には、
名前と意味がありました。

最近では馬や牛ではなく、
飛行機やバイクを模した、
凝った精霊馬を作る強者もいるようです。

早くあの世から帰ってくる、
ゆっくりと無事に帰ることができる、
この意味を踏まえているのならば、
それもありかも知れませんね。

ぜひ今年のお盆では、
ご先祖様が乗ることを考えて、
乗り心地のいい、
あなたらしい精霊馬
作ってみてはいかがですか?

Pocket

Sponsored Link

あなたにおすすめの関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ