結婚式の招待状 アレルギー持ちの場合の返信はどうする?

Pocket

f5bef771c74847d019c6178ffc2c3f46_s

結婚式の楽しみと言えば、
美味しい料理が食べられること!
という人は多いですよね。

でも食物アレルギーがある人の場合は、
どんな料理が出てくるのか、
食べても大丈夫なのかが心配で、
なかなか手を付けられないものです。

そこで最近では招待側の気遣いで、
結婚式の招待状の返信はがきに、
アレルギーの有無を確認する欄が
増えてきているようです。

そんな結婚式の招待状ですが、
アレルギーの質問に対して、
どう書いたらいいのでしょうか。

そこで今回は、結婚式の招待状の返信に、
アレルギーがある場合と無い場合の、
失礼のない書き方について
お伝えしましょう。

Sponsored Link

アレルギーがある場合の返信の書き方

「食物アレルギー等ございましたら、
御遠慮なくご記入下さい。」

このように、
出席者のアレルギーに気を配った招待状は、
増えてきています。

その心遣いはとても嬉しい反面、
食物アレルギーを持つ人にとっては、

料理のメニューで迷惑をかけてしまうのでは?

と不安になってしまうものですよね。

でもアレルギーは時として、
命にかかわることですし、

招待側である新郎新婦も、
食事を楽しんでもらいたいと
思っているので、
正直に書いた方が喜ばれるものです。

書き方としては、

御面倒をお掛けして申し訳ありませんが、
○○アレルギーが有りますので
ご配慮いただけると助かります。
よろしくお願い致します。

というように、
アレルギーを具体的に書くことを
心掛けましょう。

また連名で返信する際、
片方のみアレルギーが有る場合は、

「○○(名前)が○○アレルギーです。」

と、どちら側がどんなアレルギーか、
ハッキリわかるように書きましょうね。

Sponsored Link

アレルギーがない場合の返信の書き方

食物アレルギーがない場合は、
空欄でいいだろうと思っている方も
多いようですが、実はこれ、
ちょっとしたマナー違反にあたります。

空欄がマナー違反の理由は、

「もしかすると書き忘れたのでは?」

相手側を不安にさせてしまうから。

たとえ食物アレルギーがない場合でも、

アレルギーは特にありません。
お心遣いありがとうございます。

と必ず一言添えるのが礼儀です。

またアレルギーではなくても、
苦手で食べられないという理由で、
嫌いな食べ物を書く人もいるようです。

一品でも食べられないものがあると、
損をした気分になるのもわかりますが、
その行為は大人らしからぬ
とても恥ずかしい失礼なものです。

あくまで書くのはアレルギーの有無です!

その事を忘れないでくださいね。

3d73378c46863582b2509f5870a95eba_s

アレルギー確認欄がない場合の返信は?

私も3年ほど前から、
突然、果物アレルギーを発症した
経緯があります。

なのでたとえ招待状の返信に、
アレルギー有無の欄がない場合でも、

せっかくのお祝いごとでの料理ですが、
果物アレルギー(りんご・いちご)が
ございますので、
ご配慮いただければ幸いです。

余白に書くようにしています。

ワガママかな…?
と少し心配にもなりますが、

ソースなど一見、果物と分からない形で
出されることが多いので、
「知らずに食べて倒れるよりマシ!」
と開き直っています(笑)

場合によっては、
アレルギーの有無を教えてくれて、
ありがとうと感謝されることも。

もちろんおひらきの後や後日には、
料理への心配りへの感謝は、
キチンと伝えたいものですね。

大切な新郎新婦の結婚式!

祝い事に水を指さないためにも、
食物アレルギーを持つ方は、
その旨をわかりやすく書いて、
早めに返信を出すようにしましょうね。

Pocket

Sponsored Link

あなたにおすすめの関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ