日本の風習の七夕を英語で説明してみよう!

Pocket

433760

日本では誰もが知っている七夕ですが、
アメリカやヨーロッパなどの外国では、
あまり知られていませんよね。

そんな海外には無い七夕の風習を、
英語で説明してみたいと思いませんか?

そこで今回は、
七夕について外国の方に、
簡単に英語で説明できる
英文をお伝えしましょう。

Sponsored Link

あの有名な七夕の物語を英語で説明しよう!

七夕の説明と言えば、
織姫と彦星の物語ですよね。

英語で簡単に説明してみましょう。

The story is about a beautiful weaver princess named Orihime
and a young cattle herder named Hikoboshi.

美しい機織りの姫「織姫」と、
若い牛飼い「彦星」のお話です。

Orihime and Hikoboshi loved each other.

織姫と彦星は互いに
愛し合っていました。

It was too much fun, and the two people did not work seriously
when together.

一緒にいるとあまりにも楽しくて、
2人は真面目に働かなくなりました。

The king got angry and separated them by the big river
or the Milky Way.

天の神は怒って2人を大きな天の川によって
離れ離れにしてしまいました。

However, he felt they that I feel sorry.
And he allowed them to meet only on the night of July 7th.

しかし天の神は可哀想に思い、
年に1度、7月7日の夜だけ、
会うことを許しました。

On that day, people decorate bamboo branches with paper
strips and ornaments to celebrate their reunion.

七夕の日は、短冊や飾りで笹の枝を飾り、
2人の再開を祝います。

大まかな説明になりますが、
この英文で十分意味は伝わります

ちなみに英語では「七夕」という
言葉の存在自体が無いので、

「TANABATA」となりますが、
外国人にとっては、
「The Star Festival」
と呼ぶ方がしっくりくるようですよ。

Sponsored Link

外国の方と日本の風習である七夕を楽しもう!

実は以前通っていた英会話教室で、
知り合った外国の方と一緒に
七夕パーティーをした事があります。

みんなで浴衣を着て、
野外でBBQを食べると言う
簡単なパーティーでしたが、

馴染みのない日本の風習に、
みんな興味津々だったことを
覚えています。

ちなみに当時のメンバーは、
日本語がペラペラの人達ばかりだったので、
七夕の説明は日本語で大丈夫(笑)

最後は短冊に願い事を書いて、
笹竹に飾って終了となりました。

この短冊を英語で説明すると、
次のようになりますね。

On TANABATA, we write to strips and place it on the bamboo.
     
七夕では短冊に願いを書き、
笹竹に飾ります。

It is said these wishes comes true.

そうすることで願いが
叶うとされています。

You can write down any wish on the paper strip.

短冊にはどんな願い事も書けます。

179092

七夕は、
日本の風習を外国の方に知ってもらう、
いい機会になります。

また日常会話程度ならば、
中学生レベルの英語力で、
十分な意思疎通が出きるはずです。

ぜひ一度勇気を出して、
日本の七夕の風習を、
英語で外国の方に説明してみませんか?

きっと素敵な交流になりますよ♪

Pocket

Sponsored Link

あなたにおすすめの関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ