中学生が1日で出来る簡単な夏休みの自由研究を教えます!

Pocket

293757

中学生にもなると塾や部活で忙しく、
夏休みの自由研究に時間をかけられない!

そんな中学生は多いもの。

実験や工作は面倒だし、
1日で出来る簡単な自由研究
済ませることはできないかなぁと、
つい思ってしまう気持ちも
よくわかりますよ。

そこで、いろいろ忙しい中学生でも、
1日で簡単に出来てしまう夏休みの自由研究について
お伝えしましょう。

Sponsored Link

疑問を調べる簡単な夏休みの自由研究

短時間で自由研究を終えたいのならば、
疑問や興味を持ったものを調べ、
レポートとして提出する方法が1番です。

本やインターネットで調べることに
慣れているのならば、
半日程度で簡単に出来るので
オススメですね。

自由研究のレポートの基本的な書き方は、
次の通りになります。

1.疑問や興味を持ったテーマ(題名)
2.疑問や興味を持った理由
3.調べた結果報告
4.研究結果の感想とまとめ
5.必要があれば参考文献

この基本の型通りに書けば、
中学生のレポートとしては十分でしょう。

ちなみに参考として、
中学生に選ばれやすいテーマとしては、

・日本各地で行われるお祭りの意味
・蚊取り線香の渦巻き形と燃え方の関係
・日本の世界遺産と選ばれた理由

といった大人でも疑問や興味を持つ、
しっかりとした内容が主流のようですね。

Sponsored Link

中学生なら体験したことを夏休みの自由研究にしよう!

体験した事を自由研究にするというと、
なんだか難しく感じると思いますが、
実はとっても簡単!

例えば普段なかなか作らないような料理を、
作る過程から完成までを写真で収め、
自分や家族の食べた感想を添えるだけでも、
立派な体験を書いた自由研究となるんです。

参考として去年の夏の話ですが、
我が家の近所の男子中学生が、
この料理体験型の自由研究を作成し、
高評価を学校から得ています。

その自由研究の内容は、
美味しいイカの塩辛作り!

この塩辛作りはイカをさばくところから
始めた本格的な手作りで、

基本の塩辛だけではなく、
味付も柚子味や生姜風味など
バリエーションも豊富に作成。

そして我が家を含め近所の方を集め
大試食会を開催し、
塩辛の作り方のコツだけではなく、
その試食会の様子や人気のあった味付を
自由研究に添えたそうです。

ちなみにこの自由研究は、
朝の5時に市場でイカを購入し、
2時間ほどで塩辛を作り、
その後の試食会のレポート作成などで、
だいたい6時間弱で出来上がったとの事でした。

学校だけではなく、
美味しい塩辛の出来を、
近所の方にも褒められる。

こんな夏休みの自由研究も、
個性的で素敵ですよね。

塩辛

長時間かけたくないのが、
中学生の夏休みの自由研究です。

そんな時には調べた内容や、
体験した出来事に、

自分なりの感想をしっかり盛り込むことで
個性が感じられる自由研究を、
短時間で作ることができます。

また、どんなことでも、
調べたり体験することは
自分のためになるものです。

ぜひこれらを参考にして、
短時間で簡単ですが中身のある
夏休みの自由研究を作ってみて下さいね。

Pocket

Sponsored Link

あなたにおすすめの関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ