中学生の夏休みの自由研究!自宅でできる理科の実験3つ!

Pocket

db8947fc362f1784bc23e96eab7f703b_s

中学生の夏休みの自由研究と言えば、
理科の実験が花形ですよね。

でも実験道具の準備などが大変で、
つい二の足を踏んでしまう中学生
多いのではないでしょうか。

でもご安心ください!

実は自宅にあるもので簡単に出来て、
尚且つ自由研究にピッタリ
理科の実験がたくさんあるんです!

そこで今回は、
悩める中学生の自由研究にオススメしたい、
自宅で簡単にできる人気の理科の実験
紹介しましょう!

Sponsored Link

簡単に出来る3つの理科の実験はこれ!

中学生ともなると小学生と違い、
朝顔の観察日記を自由研究にする!
なんてことは出来ませんよね。

そこで簡単に出来るだけではなく、
調べれば資料がたくさんでてくるような、
広がりのある実験を選ぶ必要があります。

そんな中で私がオススメする、
自由研究にピッタリな実験は次の3つです。

◆ペットボトルで雲を作る実験

材料…500mlのペットボトル
   100mlのぬるま湯
   線香

<実験方法>
1.ペットボトルに100mlのぬるま湯を入れる
2.ペットボトルに線香の煙を入れてフタをする
3.ペットボトルを数回振ったり揉んだりする
4.これを繰り返すと雲が出来る

この雲の出来る過程を写真に収め、
どうして雲が出来たのかを調べたうえで、
レポートにまとめるといいですね。

◆柑橘系の皮の効果を調べる実験

材料…柑橘系の果物
   (みかん、レモン、グレープフルーツなど)  
   発泡スチロール
   いらないプラスチック容器

<実験方法>
1.プラスチックや発泡スチロールに
いろんな種類の汚れや落書きをする

2.柑橘系の果物の皮や汁を使い、
汚れが落ちる効果を比較する。

この実験ではどの果物が汚れを落としたか、
また発泡スチロールを溶かしたかを
調べる実験です。

この現象のもととなる成分が何かを調べ
実験結果とともにまとめるといいでしょう。

◆氷で冷やして沸騰させる実験

材料…耐熱ガラス容器
   氷と水
   電子レンジ

<実験方法>
1.耐熱ガラスの容器に入れた水を、
電子レンジで一度沸騰させる
2.沸騰がいったん収まったら氷を1個入れる
3.氷を入れると再度沸騰します

冷たい氷を入れたのに、
どうして沸騰という現象が起きたのか
自分の予測調べて分かった原因
レポートで比較してみましょう。

これら3つの実験は簡単なうえ、
自宅にあるものを利用して、
出来るものばかりです。

これなら中学生でも短時間で簡単に、
実験することができますよね。

Sponsored Link

まとめ

夏休みなどの自由研究用として、
最近では多種多様な理科の実験キット
販売されているようです。

これだと確かに実験自体は簡単ですよね。

でもキットを購入しなくても、
自宅にあるもので十分
理科の実験をすることができます!

170069

中学生の自由研究で重要視されている、

・テーマの選び方と取り組み方
・レポートとしてのまとめ方

というポイントを考えながら、
中学生らしい理科の実験をして、
あなたの実になるような、
夏休みの自由研究を完成させてくださいね。

Pocket

Sponsored Link

あなたにおすすめの関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ