土用の丑の日にうなぎを食べる由来とは!2016年はいつ?

Pocket

d62c8b889ab66049f383aa11355f099e_s

土用の丑の日にはうなぎを食べる!

ということは多くの人が知っていますが、
どうしてうなぎを食べるのか、
その由来を知っている人は、
意外と少ないものです。

暑い夏を乗り切るために、
精のつくうなぎを食べる習慣は、
一体いつから日本で始まったのでしょうか?

そこで今回は、
2016年の土用の丑の日と、
土用の丑の日にうなぎを食べる由来について、
簡単にお伝えしますね。

Sponsored Link

2016年の土用の丑の日はいつ?

土用の丑の日「土用」は、
中国で生まれた「五行説」という、
万物は5つの元素から成り立っている
という考えから来たものです。

これが日本で四季に合わさり、
次のようになりました。

木…春
火…夏
金…秋
水…冬
土…季節の変わり目
  立春、立夏、立秋、立冬前の約18日間

このことから、
土用は季節ごとに
あるものだと分かりますよね。

また「丑の日」は、
十二支から来たものです。

昔の日本では日ごと時間ごとに、
十二支が当てはめられていました。

つまり18日間ある土用の期間に、
丑が当てはまった日を、
「土用の丑の日」と呼ぶんです。

以上のことから、
2016年の土用の丑の日は、

冬…1月20日(水)、2月1日(月)
春…4月25日(月)
夏…7月30日(土)
秋…10月22日(土)11月3日(木)

となっているんですね。

土用の丑の日が夏だけではないなんて、
ちょっとビックリです。

Sponsored Link

土用の丑の日にうなぎを食べる由来とは?

万葉集に記載されている大友家持の歌に、
うなぎは夏バテに効くと書かれていることで、
古くから滋養強壮にいいと考えられていたうなぎ。

このうなぎを土用の丑の日に
食べるようになったのは、
江戸時代とされています。

その由来は諸説ありますが、
特に有名な物として
平賀源内説があげられます。

旬な時期である冬から外れているうえ、
濃い味付けなので、
夏にうなぎが売れないと
悩んでいるうなぎ屋から、
相談を受けた平賀源内。

そこで「本日、土用丑の日、うなぎの日」
店頭に張り紙をするよう
うなぎ屋に提案しました。

もともと、
丑の日に「う」のつく食べ物を食べると、
夏負けしないという風習があったこともあり、
この張り紙がきっかけとなり
うなぎは飛ぶように売れたそうです。

これを他のうなぎ屋も真似をすることで、
土用の丑の日にうなぎを食べることが、
庶民に定着したというんですね。

日本のダビンチと呼ばれる平賀源内に、
優秀なコピーライターという一面も
あったとは面白い話だと思いませんか?

1db0a7404cfc72315b487e6735b94966_s

土用の丑の日についてお伝えしましたが、

・土用の丑の日は夏だけではない!
・うなぎの旬は夏ではなく冬!
・うなぎを食べるようになった影に平賀源内がいた!

などなど意外な話がたくさん出てきました。

普段、何気なく行っている風習には、
思いがけない由来が隠れているものです。

今年の夏の土用の丑の日には、
これらの由来を噛みしめながら、
夏バテにならないよう、
うなぎを食べて下さいね。

Pocket

Sponsored Link

あなたにおすすめの関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ