夏休みの登校日にはどんな意味が?休んでも大丈夫?

Pocket

014938

大人になって夏休みの思い出を語るとき、
登校日の話をする人は意外と多いものです。

そして必ず、
どうして登校日があったのか?
登校日には何の意味があるのか?

という話に広がります。

夏休みの途中にある登校日は、
久し振りに親しい友人に会ったり、
宿題の経過を先生に報告したりしますが、
確かに無くてもいいんじゃないか
とも思えますよね(苦笑)

そこで今回は楽しみな夏休みや、
夏休み最中の登校日の意味

また登校日に休んだら
欠席扱いになるのかという、
素朴な疑問にお答えしましょう。

Sponsored Link

夏休みがある理由とその目的は?

家の手伝いや自由研究など、
自分で考えながら学ぶ場として
学校では出来ない学びをして欲しい!

これが建前上、
夏休みの目的とされています。

しかし実際のところ
30度を超えるような暑い夏に、
冷房のない教室で授業をしても、
子供達が集中して学べないから!

というのが夏休みのある、
一番大きな原因のようですね。

また夏休みは授業をしないだけで、
先生達は普通に出勤し、
研修会や講習会など、教育について
学んでいるのを知っていましたか?

つまり夏休みは暑い夏に、
子供を休ませるという理由だけではなく、
先生のスキルアップという目的も
秘められているんですね。

Sponsored Link

夏休み中にある登校日にはどんな意味が?

夏休み中に登校日がある意味として、

・夏休み中に乱れた生活習慣を通常に戻すため
・宿題の達成状況や子供の様子を知るため

とされているようですが、
実のところハッキリとした登校日の意味は、
分かっていない状況なんですよね。

そんな中、一番有力とされているのが、
先生の給料日だったからというもの(笑)

今でこそ銀行振り込みが主流ですが、
一昔前は給料が手渡しだったため、
先生方もこの日だけは全員学校に
集合することになります。

先生が全員集まるついでに、
夏休みの子供達の様子や、
宿題の状況などを確認しようと考え、
登校日を設定したというわけなんですね。

このためか最近では、
登校日がない学校が増えているようですよ。

登校日に休んでも問題ないの?

家族旅行と重なってしまい、
休まざる得ないことが多い登校日

この点が一部保護者にも
不評となっているようですね。

そんな夏休み中の登校日ですが、
休んだ場合は、
欠席扱いになってしまうのでしょうか。

実はこの登校日、
「自由に登校する日」という見解から、
基本的には欠席扱いにならない
という考え方が一般的です。

ただ担任の考えによっては、
欠席扱いになる場合もあるようなので、
皆勤賞を狙っている子供ならば、
事前に確認した方がいいでしょう。

ちなみに欠席扱いにならないのだからと、
家族旅行などの理由もないのに、
登校日を休ませる家庭があります。

これは子供にとってズル休みという、
悪い習慣を植え付ける事にもつながるので、
注意が必要ですね。

298019

私が住んでいる北海道では、
夏休み中に登校するという日が
ほとんどありません。

なので長い休みの間に、
友人や先生に会える機会があるのが、
ちょっと羨ましいなと思います。

先生達も、夏休み中に子供達が
元気に過ごしているのか、
気にかけているものです。

ぜひ登校日には、
子供の元気な顔をみんなに見せるためにも、
学校へ行ってくださいね。

Pocket

Sponsored Link

あなたにおすすめの関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ