山の日が祝日に!その理由や由来を知っていますか?

Pocket

458579

2016年8月11日から、
山の日が国民の祝日として
施行されるのをご存知ですか?

国民の祝日が増えるのは
海の日以来20年ぶりのことですが、
不思議と知らない人が多く、
あまり馴染まれていない印象です。

休みが増えてラッキー!

そう喜ぶ人もいるでしょうが(笑)
まずはいよいよ施行される山の日が、
祝日になった理由や、
なぜ8月11日になったのか?
などについてお伝えしましょう。

山の日を有意義に過ごす事が、
きっとできますよ。

Sponsored Link

山の日という祝日ができた理由とは?

国民の祝日となった山の日は、
山に親しむ機会を得て、
山の恩恵に感謝する。

という趣旨によって、
2014年に制定されました。

この山の日ですが、
2010年頃から導入が検討され、
4年越しでようやく実現したものです。

あれ?なんだか結構な時間が
掛かっているなぁと思いませんか?

海の日があるなら山の日があっても
いいんじゃないか!
という単純な考えから始まった山の日。

海があるから山と言う発想が安易すぎる!
そんなことを言ったら大地の日や
川の日だって必要になってしまう!

などの理由で反対意見も多かったため、
制定までに時間が掛かったようです。

それでも制定となったのは、
ひとえに、
山登りや山の地理を
趣味とする人々が集まって作られた、
日本山岳会を始めとした
山岳5団体の頑張りの賜物!

より多くの人に山を楽しんでもらいたい
という思いを込めて、
山の日制定協議会を結成し、
地道に活動を行っていたんですね。

その活動の結果、超党派により、
山の日制定議員連盟が発足し、
晴れて山の日が国民の祝日となったんです!

まさに、
山を愛する人達によって生まれた祝日だったとは、
ちょっと感慨深いですよね。

Sponsored Link

山の日が8月11日となった訳は?

ところで、
どうして山の日は8月11日となったのでしょうか?

もともと山の日は、
山開きの日にあたる、
6月の第一日曜日が有力な候補として
あげられていました。

しかし企業や国会議員の案を総合し、
長期休暇をとりやすくなる、
学校などへの影響が少ない、
経済効果が期待できる等の理由で、
お盆前に決定したようです。

一般的にお盆休みは、
8月13日〜15日まで。

普通なら8月12日がお盆前ということで、
山の日になると思いますよね。

しかし8月12日と言えば、
日航ジャンボ機墜落事故が起こった日。

30年経った今でも鮮明な記憶に残る
痛ましい事故が起こったこの日を、
祝日にするのは不適切という
意見が多かったことから、
8月11日となったんです。

祝日の日を決めるのも、
簡単にはいかないんですね。

c4515d002aeb9b9693033e1b7e8ffbc2_s

山の日が祝日に!その理由や由来を知っていますか? まとめ

ちょっとこじつけになりますが、

・漢字の「八」が山の形に見える
・「11」が立ち並ぶ木に見える

と言う理由で8月11日は
山の日になったという説もあります。

どちらにしろ、
お盆休みが大型連休になる可能性が増えた!
なんて喜ぶ人が多い山の日。

今年から始まる山の日には、
制定までのことを思い、

家族みんなで近所の山などへ、
ハイキングを楽しみに
出かけてみてはいかがですか?

山を親しむ良いきっかけになると思いますよ。

Pocket

Sponsored Link

あなたにおすすめの関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ