8月15日が終戦記念日なのは日本だけ!ほかの国はいつ?

Pocket

5b82c103a3a9577ebfb0572c05751653_s

終戦記念日が8月15日なのは、
日本だけということを
あなたは知っていますか?

第二次世界大戦の終戦は?
という学生時代のテストの問題に、

1945年8月15日!

と回答していた私としては、
どうしてほかの国と終戦記念日が違うのか、
大いに気になるところです。

なぜ、
日本は8月15日を終戦記念日としたのか?
ほかの国の終戦記念日はいつなのか?

今回はそんな終戦記念日について、
お話しします。

Sponsored Link

日本の終戦記念日が8月15日の理由とは?

大まかに説明すると、終戦記念日とは、
第二次世界大戦が終結した日のことを
指していますよね。

真珠湾攻撃を皮切りに始まったこの戦争は、
ミッドウェー海戦から追い詰められていき、
東京大空襲や広島・長崎の原爆投下を経て、
1945年8月14日のポツダム宣言受諾へ。

翌日の15日には昭和天皇の肉声による、
日本では有名な玉音放送で、
日本の敗戦が発表されました。

つまり日本の終戦記念日とは、
日本国民が戦争に負け降伏することを
初めて知った日であり、
正しい意味での終戦記念日ではない、
ということ。

ただ玉音放送により国民が戦意喪失し、
戦うことを諦めたという意味では、
終戦記念日としても、
日本の場合はいいのかもしれませんね。

ちなみに8月15日は正式には、

「戦没者を追悼し平和を祈念する日」

であり、
この日に行われる式は、

「全国戦没者追悼式」

という名前なんですよ。

Sponsored Link

ほかの国の終戦記念日は一体いつ?

では他の国の終戦記念日は、
いつになっているのでしょうか。

日本と戦った連合国側にあたる、
アメリカやイギリスなどの国では、

日本がポツダム宣言による
降伏文書に正式に調印した、
1945年9月2日を指すことが
多いようですね。

また呼び方も終戦記念日ではなく、
対日戦勝記念日(VJ Day)
と呼ぶようですよ。

ちなみに連合国以外の国では、

・中国…9月3日

・北朝鮮、韓国…8月15日
ただし朝鮮半島が正式に日本統治から
解放されたのは9月2日

・ロシア…9月2日
ただしソ連時代は戦勝記念式典を
行った9月3日

・ドイツ、フランス…5月8日
ドイツが無条件降伏文書に調印した日

・イタリア…4月25日
ムッソリーニ政権が崩壊した日
 

このようになっています。

どの国にどのように勝利したか、
または負けたかによって、
日付や意味合いが違っていますよね。

8月15日が終戦記念日なのは日本だけ!ほかの国はいつ? まとめ

2016年は終戦から71年目になります。

日本の終戦記念日には、

・8月14日のポツダム宣言の受諾を連合国に通知した日
・8月15日の日本降伏を国民に公表した日
・9月2日のポツダム宣言降伏文書に署名した日

などと諸説あり、明らかにこの日!
と言えることが出来ないようです。

それでも昭和天皇の肉声による玉音放送が、
敗戦の象徴となり、終戦記念日として
日本人の心に残っていったんですね。

37a0934bd664b997775b41717e331ad2_s

とにもかくにも終戦記念日には、
平和がどれほど大切か、
改めて考えるきっかけとなる日です。

戦争のない平和な日本が続くよう、
しっかりと考えたいものですね。

Pocket

Sponsored Link

あなたにおすすめの関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ