9月1日は防災の日!その意味と由来をお伝えします!

Pocket

52ad2820b70c51fb8517a711ec4901a1_s

毎年9月1日は防災の日

防災の日を含む1週間
防災週間と呼んでいます。

地震や火山の噴火、台風など、
自然災害の多い国の日本ですが、
なぜか馴染みの薄い防災の日。

祝日ではないので、
仕方のないことかも知れませんが、

防災の日に込められた意味
由来を知ることは、
とても大切なことですよね。

そこで今回は、
災害の多い国に住んでいる
日本人だからこそ知ってもらいたい、
防災の日についてお話ししましょう。

Sponsored Link

防災の日にはどんな意味があるの?

防災の日は地震を代表とする、
自然災害に対しての
防災意識を高めることを目的に、
1960年に制定されました。

この防災の日を含む防災週間では、
全国各地で防災に関する講演会や展示会、
防災訓練などの行事が行われます。

学校や職場での避難訓練や、
避難経路の確認作業などが行われるのは、
大抵この防災週間となっていますね。

またテレビの番組などでは
災害への対処方法や、
防災功労者の表彰などが
放送される場合も。

個人的にはこの防災の日に合わせて、
防災グッズや非常食の確認をする
なんて家庭も多いのではないでしょうか。

このように防災の日には、
この日をきっかけにして、
改めて災害への防災意識
高めてほしいという、
大切な意味が込められているんですね。

Sponsored Link

防災の日が9月1日になった由来とは?

では一体どうして防災の日が、
9月1日になったのでしょうか?

これには
2つの大きな災害が関係しています。

1.関東大震災が起こった日だから

歴史の教科書にも載っている
大きな被害がでた関東大震災は、
1923年の9月1日に起こりました。

マグニチュード7.9にも及ぶ
この地震の被害は甚大で、
死者・行方不明者
約14万人と言われています。

ちなみに地震の強さの他に、
被害が拡大した要因としては、
大規模な火災の発生があげられています。

2.伊勢湾台風で大きな被害があったから

防災の日が制定されるのに
直接のきっかけとなったのが、
1959年9月26日に発生した、
伊勢湾台風です。

約5,000人もの死者を出した伊勢湾台風は、
長い間、

「戦後最大の自然災害」

と呼ばれるほどの、
大きな被害を与えました。

このことをきっかけとして、
翌年の1960年に、
防災の日が正式に国により
制定されたんですね。

つまりこの2つの大きな災害により、
災害への認識や備えを強化しよう!
として防災の日が始まったんです。

悲しいことですが防災の日には、
被害の大きかった2つの災害が
由来となっていたんですね。

6b2780a9d25d412b1014b7ff58e9496c_s

9月1日は防災の日!その意味と由来をお伝えします! まとめ

台風や地震などの自然災害
起こりやすい日本

だからこそ個人個人で、
被害を少しでも軽減するために
防災準備を整えることが必要です。

そう考えると防災の日は、
今まで起きた災害を
風化させないことも含め、
日本人には必要な日と言えますよね。

今年の防災の日には、
その意味や由来を思い出しながら、
防災や対策に努めましょう。

Pocket

Sponsored Link

あなたにおすすめの関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ