月見団子の意味と由来は?十五夜に欠かせない理由とは?

Pocket

506327

四季折々の風習が根付いている日本。

そんな中、少しずつ秋らしくなる
9月に行われる風習と言えば、
十五夜のお月見ですよね。

この日には月見団子を作り、
月を眺めながら食べるという
昔ながらの風習がありますが、

どうして月見団子を供えるのかなど、
知らないことだらけ!

いざ準備を始めようとすると、
迷ってしまうことも
多いのではないでしょうか。

そこで今回は、
月見団子の意味や由来、
お供えする月見団子の数
など、
十五夜に欠かせない
月見団子についてお伝えしましょう。

Sponsored Link

月見団子の意味と由来を知ろう!

十五夜に関する風習は、
中国の中秋節の行事が、
平安時代に伝わった事が始まり
言われています。

当時の中国では月餅を食べながら
月見をしていたようですが、

日本ではお供えなどは特になく、
単純に秋の月を愛でる催し物として、
楽しまれていたようですよ。

これが室町時代になると、
夜遅くまで収穫作業がある中、
月明かりに助けられた感謝を込めて、
徐々に月へのお供え物をする
風習が始まりました。

始めは里芋などをお供えしていましたが、
江戸時代後期にもなると、

五穀豊穣の神への祈りも加わり、
収穫した米で作った団子を
お供えするように!

これが十五夜に欠かせない、
月見団子の由来となったんですね。

ちなみに月見団子の丸い形
満月を表現していて、
これをお供えすることによって、

・収穫や豊作の実りへの感謝
・物事が達成した事への感謝
・これからの健康や幸福への祈り

という意味が込められています。

単なる団子ではなかったんですね!

Sponsored Link

月見団子は何個お供えするの?

地域によって異なりますが、
月見団子をお供えする数には、
2つの有力な説があります。

▼12個…満月の数(但し閏年は13個)
並べ方…一段目に9個、二段目に3個並べる。
    (13個の場合は二段目に4個)

▼15個…十五夜だから15個
並べ方…一段目に9個、二段目に4個、
    三段目に2個並べる。
    但し三段目の団子は正面から見て
    団子が1個に見えるよう並べること。

また月見団子のお供えとして、
本来ならばお供え用の「三方」
お供えするのが正しいのですが、

近年では三方がない家庭が多いため、
お皿に白い紙を敷き、
その上に月見団子を乗せる形が
一般的となっていますね。

ちなみに月見団子で大切なことは、
必ずお供えしてから食べるということ!

月見団子は十五夜の夜に、
家族揃って月を眺めながら、
願いを込めて食べるといいでしょう。

086204

毎年十五夜の日には、
子供と一緒に白玉粉で
月見団子をたくさん作り、
月を眺めながら何の気なく
もりもりと食べていた我が家。

今年の十五夜はちょっと趣を変え、
正しい数の月見団子をお供えし、
家族みんなで願いを込めて
美味しく食べたいと考えています。

昔から続く日本の風習ですから、
これからも大切にしていきたいものですね。

Pocket

Sponsored Link

あなたにおすすめの関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ