七五三はいつするの?男の子と女の子で時期が違う理由は?

Pocket

297271

子供が成長した事を祝う行事と言えば、
七五三を思い出しますよね。

でも実際に親になってみると、

・七五三は何日にするものなのか?
・何歳に祝ったらいいのか?

などが意外とあやふやで、
後で失敗した!
と後悔することも…

そこで今回は、
七五三がいつするものなのか?
また男の子と女の子では
何歳に祝うものなのか?

について、簡単に説明しましょうね。

Sponsored Link

七五三は本来いつするものなの?

神社やお寺にお参りし、
子供の成長を祝う七五三は、
本来11月15日に行われる行事

これは11月が収穫を神様に感謝する
秋祭りが行われる月だったこと、

15日は鬼宿日といって
鬼が出歩かないので、
何をしても吉日になる日
されたことから始まっています。

また七五三はもともと
室町時代に行われていた、

氏子台帳(今でいう戸籍)に
子供を登録することで、
子供の成長を祝うことが
由来となっている行事です。

この11月15日という吉日に、
時の将軍徳川家光と徳川綱吉が、
お祝い事を執り行ったことにより、
七五三の風習も、
この日に定着するようになったんですね。

ちなみに現在は11月中の土日に
七五三を行うように変化。

つまり11月中に行うことが、
主流となっているようですよ。

Sponsored Link

男の子と女の子の七五三を祝う年齢は?

七五三は男の子と女の子で、
お祝いする年が違いますよね。

実はこれには昔から行われていた、
日本の風習が関係しています。

▼3歳(言葉を理解する歳)
髪置の儀…髪をそっていた乳幼児が、
     3歳から髪を伸ばし始めることで、
     子供の成長を祝っていた風習。

▼5歳(知恵が身につく歳)
袴着の儀…5歳になった男の子が子供用の着物から
大人が着る袴を履くことを祝う風習。

▼7歳(歯が生え替わる歳)
帯解の儀…女の子が7歳になった時に、
     子供用から大人用の
     幅の広い帯を使うことで
     成長を祝う風習。

つまりこの3つの風習から、
男の子は3歳と5歳に、
女の子は3歳と7歳に、
七五三を祝うようになったんです。

ちなみに七五三を祝う年齢ですが、
正しくは数え年で行われるものですが、
現在では満年齢で行われる場合が
主流となっているようです。

ちなみに2016年に七五三を行う、
子供の生まれ年は次の通りです。      

7歳…数え年…平成22年(2010年)生まれ
   満年齢…平成21年(2009年)生まれ

5歳…数え年…平成24年(2012年)生まれ
   満年齢…平成23年(2011年)生まれ

3歳…数え年…平成26年(2014年)生まれ
   満年齢…平成25年(2013年)生まれ

どちらの場合でも問題ないので、
地域の慣習や大人の都合によって、
数え年にするか満年齢にするか
決めるのもいいでしょう。

274493

我が家の娘の七五三事情

我が家の場合ですが、
3歳の時に幼すぎると着物支度が大変だから、
という理由で、
満年齢に七五三を祝うことを選択しました。

また、今年七五三を祝う7歳となる娘ですが、
写真撮影が割引になることから、
本来七五三を行う11月15日を待たず、
早めの6月中に、
七五三のお祝いを済ませてしまっています。

まさに親の都合で決まった七五三ですが、
こんな一般から外れた状況の我が家でも、
現在では特に問題は無いようです。

要は子供の成長を祝う心が大切!

このことを肝に銘じて、
七五三のお祝いをしたいものですね。

Pocket

Sponsored Link

あなたにおすすめの関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ