七五三での初穂料の相場と納め方!意外と知らないマナー!

Pocket

269257

七五三でのメインに当たるお参りで、
神社に祈祷をお願いする場合にお渡しする、
「初穂料(はつほりょう)」
をみなさんはご存知ですか?

神社でしっかり祈祷をしてもらうには、
事前のキチンとした
初穂料の準備が必要ですが、

意外と相場や納め方のマナーを
知らない人が多いようです。

だからと言って、
今さら人に尋ねるのは
ちょっと恥ずかしいですよね。

そこで今回は、
恥ずかしい思いをしないよう、
七五三の初穂料の相場や納め方など、
意外と知らない初穂料のマナーについて、
分かりやすく説明しましょう!

Sponsored Link

七五三の初穂料の相場はいくら?

初穂料を簡単に説明すると、
「初穂」とはその年初めて収穫された
稲穂の束を指した言葉で、

この初穂を神前に納め、
豊作の感謝をした事が
始まりとされています。

のちに稲穂の束の代わりに、
納めた金銭も指すように。

つまり現在の初穂料は、
祝詞を上げ、祈祷やお祓いをお願いするため、
神社に謝礼で納めたお金のこと
言うんですね。

「お気持ち程度の金額」
と言われ、
具体的に納める金額が分かりにくい
七五三の初穂料の相場は、

5,000円~10,000円となっており、
一般的には「5,000円から」としている
神社が多いようです。

また我が家が利用した神社のように、
「初穂料は5,000円」
と明朗会計に
設定されているところも増えているとか!

どちらにしても心配な場合は、
祈祷の予約をする際に素直に聞く

その際「お気持ちで…」と言われたら、
相場の5,000円を払う。

このような対応で大丈夫でしょう。

Sponsored Link

七五三の初穂料の納め方マナーは?

神社に初穂料を納める時に、
直接お財布からお金を出す人
時々見かけませんか?

実はこの行為はマナー違反で、
初穂料はのし袋に入れ、

お祓いや祈祷を受ける前に、
受付や社務所で納めることが
失礼のないマナーとなっています。

七五三で使用するのし袋の外袋は、

・紅白の蝶結びの水引
・表書きは「御初穂料」
・水引の下に子供のフルネーム

また中袋の場合には、

・表に漢字で金額を書く(伍千円、壱萬円など)
・裏の左側に住所と名前を書く

とするのが一般的なマナー
されていますよ。

ちなみに、
兄弟姉妹が一緒に七五三をお祝いすることが、
よくありますよね。

このように兄弟姉妹2人で
七五三を行う場合の初穂料は、

「1人に1包み」
が基本となっているので、
2人分、つまり2倍の金額が
必要ということになるんです。

その際の初穂料の包み方は、
連名でも別々でもかまいません。

ただしこちらも神社によって
マナーが異なる場合がある
ということを覚えておいて下さいね。

030262

七五三での初穂料の相場と納め方!意外と知らないマナー! まとめ

実は我が家も七五三の際に、
初穂料の知識があまりなく、
近所の神社へ祈祷の予約をした時に、
色々と質問をした経緯があります。

毎年七五三の時期が近づくと、
神社には初穂料の質問が
何度も来るそうです。

地域によって習慣の違いもあることから、
初穂料もハッキリとした相場や
マナーが決まってない状態。

だからこそ恥ずかしがらずに、
神社や近所の経験者に尋ねるのが
いいのかもしれませんね。

ぜひあなたもこれらを参考に、
マナーを守って七五三の初穂料を
納めて下さいね。

Pocket

Sponsored Link

あなたにおすすめの関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ