2016年ディズニーハロウィン!仮装ルールを守って参加しよう!

Pocket

face-886585_640

東京ディズニーリゾートで、
みんなが楽しみにしている
秋の大イベントと言えば、
ディズニーハロウィンですよね。

ミッキーやミニーのカチューシャは
いつでも付けて楽しめますが、

大人がフル仮装できるのは、
ディズニーハロウィン期間内の
限られた2週間のみ!

そうなるとつい仮装には
気合が入ってしまいますものです。

でもこのディズニーハロウィンには、
フル仮装のルールがあるのを、
ご存知ですか?

そこで今回は2016年
ディズニーハロウィンの開催時期と、
フル仮装のルールについて、
お話ししましょうね。

Sponsored Link

2016年のディズニーハロウィンはいつ開催?

2016年のディズニーハロウィンは、
9月9日(金)~10月31日(日)
行われることが決定!

またフル仮装が可能な日は、

・9月9日(金)~9月15日(木)
・10月25(火)~10月31(月)

と、ディズニーハロウィン期間
最初と最後の1週間となっています。

ちなみに忘れがちですが、
10月29日(土)と10月30日(日)
日付指定券限定入園日となってるため、

確実にこの日に行きたいならば、
事前に日付指定券を購入すると
いいでしょう。

Sponsored Link

ディズニーハロウィンの仮装ルールとは?

ディズニーハロウィンのフル仮装には、
いくつかのルールが設定されています。

これを守らないと入園できないので、
必ず守って下さいね。

◆フル仮装はディズニーキャラクターのみ

ミッキーやプーさんなどを代表した
ディズニーキャラクターの仮装は
当然ですが大丈夫です。

ただディズニーの実写映画の場合は、
基本的にアトラクションに登場する
キャラクターのみとなっているようです。

「このキャラクターは大丈夫?」と
不安な場合はインフォメーションセンター
直接問い合わせするといいですよ。

micky-mouse-1286472_640

◆顔はハッキリと分かるように!

仮面や大きな付け髭など、
顔が分かりにくい仮装
入場を断られることがあります。

例えばマネフィセントの仮装での
極端な白塗りはルール違反ですね。

また幼い子供が怖がるという理由で、
傷跡や血のりメイクも禁止されています。

◆武器などの小物には制限がある!

ナイフやモデルガンなどは当然禁止です。

小物類には大きさの制限があり、
幅60㎝×高さ50㎝×奥行25㎝
のものとなっています。

つまり杖や長い棒は
持ち込み禁止となっているんですね。

6a364a63d0df159409b7bf0292c1fb3a_l

◆服装の注意点!

服装には細かなルールがあります。
 
・肩ひもがない、おへそが出ているなど、
露出の多い服はダメ
・裾を引きずるようなドレスはダメ
・全身タイツはダメ

例えば露出ならティンカーベル、
全身タイツならミッキーなどが
ルール違反になりやすいですよね。

ぜひフル仮装を準備する時には、
これらをチェックしてみてくださいね。

2016年ディズニーハロウィン!仮装ルールを守って参加しよう! まとめ

楽しいディズニーハロウィンの
フル仮装ですが、
実は年々ルールが厳しくなっています。

それもこれもルールを守らない、
一握りの困った人がいるため!

せっかく大人がフル仮装できる
滅多にないイベントですから、
ルールを守って楽しいイベント
にしたいものですよね。

ディズニーハロウィンの
詳しい仮装ルールはこちら
⇒ディズニーハロウィン公式サイト

Pocket

Sponsored Link

あなたにおすすめの関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ