観賞ではなく狩り?紅葉狩りの意味と由来を知っていますか?

Pocket

a4e69a281f95f5d8eba62d88445a57ec_s

暑い夏から徐々に気温が下がり、
山の木々が赤や黄色に色づき始めると、
「紅葉狩り」という言葉を
耳にする機会が増えます。

まさに深まる秋を満喫する
日本の紅葉狩りですが、

何かを「狩る」「取る」わけでもないのに
どうして「紅葉狩り」と呼ぶのか、
不思議に思ったことはありませんか?

どちらかと言うと「狩り」よりは、
「観賞」の方がしっくりきますよね。

実はこれには、
キチンとした理由があるんです!

そこで今回は意外と知らない
紅葉狩りの意味と由来について、
お話ししましょうね。

Sponsored Link

意外と知らない紅葉狩りの意味と由来とは?

「紅葉狩り」の意味を簡単に説明すると、
山や野原へ紅葉を見に出掛けること
なっています。

よく紅葉狩りと言う言葉から、
「モミジ」を見に行かなくてはダメだと
勘違いしている人もいるようですが、

「カエデ」や「イチョウ」など、
どの木の紅葉を見に出掛けても、
紅葉狩りとなるんですね。

ちなみにこの紅葉狩りの始まりは、
平安時代の貴族の風習からと
言われています。

当時の貴族は色づいた紅葉を
手折って観賞する風習がありました。

現在では紅葉を手折る行為は
マナー違反とされていますが、

平安時代では文字通り、
紅葉を手折って「狩っていた」ことから、
紅葉狩りと呼ばれるようになったんです。

Sponsored Link

観賞ではなく紅葉狩りと今でも呼ぶ理由は?

ところで同じく観賞する春の桜ですが、
教科書にも載っている松尾芭蕉の句に、
「桜狩り」という言葉が使われているのを
ご存知でしょうか?

昔の日本では「狩り」の意味の中に
「観賞」も含まれていたようですが、
現在では紅葉狩り以外では
使うことはありませんよね。

では一体どうして紅葉狩りだけ、
「狩る」という言葉が残ったのでしょうか。

実は紅葉狩りには「鬼女を狩る」という
意味が含まれていることが
大きな原因と言われています。

長野県長野市の戸隠山には昔から
人の心を惑わし害をなす、
「紅葉」という名の鬼女
退治する伝説がありました。

この伝説は「紅葉狩」という演目で
歌舞伎や能で演じられることで、
日本各地で知られることに!

このことから桜狩りなどの言葉が
時を経て消えていく中、

紅葉狩りという言葉だけは、
しっかりと現代にまで残った
という説があるんですね。

鬼女の伝説や歌舞伎の演目が、
紅葉狩りという言葉に影響を与えたとは、
なんとも日本らしいですよね。

7aeb5634f6868f6f4a4673c420605474_s

観賞ではなく狩り?紅葉狩りの意味と由来を知っていますか? まとめ

1年の四季がはっきりしている
日本だからこそ楽しめる紅葉狩り

実はこれ、外国ではほとんどない、
日本独自の風習なんですよ。

そうなると尚のこと、
素敵な山の紅葉を楽しむために、
紅葉狩りに出掛けたくなります!

ぜひ今年の秋は、
身近なあの人と一緒に
紅葉狩りに出掛けて、
秋の深まりを存分に感じたいものですね。

Pocket

Sponsored Link

あなたにおすすめの関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ