アドベントカレンダーの作り方とは!子供と一緒に手作りしよう!

Pocket

calendar-1078180_640

子供にとって本当に待ち遠しい
12月のクリスマスの日を、
楽しくカウントするアドベントカレンダーが、
大人気となっているのをご存知ですか?

1〜24までの数字の窓の中に、
小さなお菓子やマスコットが隠されている
クリスマスまでのカレンダーを、
アドベントカレンダーと呼びますが、

市販の物だけではなく、
簡単に手作りする家庭が
近年では増えているようです。

今年のクリスマスは子供と一緒に、
あなたもアドベントカレンダーを
作ってみませんか?

そこで今回は簡単でお洒落にできる、
アドベントカレンダーの作り方

お伝えしましょうね。

Sponsored Link

アドベントカレンダーの作り方の基本とは?

クリスマスまでを楽しくカウントする
アドベントカレンダーを作るには、
難しいルールはありません。

強いて言えば次の3つがあげられますね。

・12月1日から始められるよう、
プチギフトのお菓子などを24個用意する

・中身の見えない入れ物に1〜24まで
番号を付ける

・子供がプチギフトを
簡単に取り出しやすいよう作る

このルールを守ることが、
アドベントカレンダーの作り方の基本と言えます。

これなら簡単に、
個性を活かしたアドベントカレンダー
作ることができますよね。

Sponsored Link

アドベントカレンダーの作り方の簡単アイディア!

作り方の基本が分かれば簡単に作れる
アドベントカレンダーですが、
作り方は多種多様です。

ちなみに去年私が挑戦した
アドベントカレンダーはというと…

1.木製のハンガーに星の飾りを付ける

2.折紙で作った入れ物にお菓子や、
軽く小さなマスコットを入れた
プチギフトを24個作り、
スタンプで1から24の数字を付ける

3.入れ物を細い麻紐を使ってハンガーに吊るす

このような簡単なものでした。

アドベントカレンダー作りにかかった金額は、
お菓子やマスコットの代金だけだったので、
1,000円程度で作ることができましたよ。

また友人宅で作っていたアドベントカレンダーは、
手作りのタペストリーを利用したもの!

各ポケットに1〜24の
数字のアップリケを付け、
中に布巾着に入れたお菓子を入れていました。

手作りではなく市販のタペストリーを
利用すれば更に簡単に作れますよね。

この他にも

▼100均で販売している小さなバケツを、
麻紐で茶色い突っ張り棒や木の枝に吊るして飾る

▼コルクボードにテープやシールで、
可愛くデコした紙コップを、
ツリー型にピンでとめる

▼トイレットペーパーの芯にお菓子を入れ、
左右をホチキスなどで留め、
リボンなどで飾ったものを
バスケットなどに数字の順に入れる

など色々なアドベントカレンダーを
作ることができます!

どれも子供と一緒に簡単に作れますよ。

advent-calendar-551815_640

アドベントカレンダーの作り方とは!子供と一緒に手作りしよう! まとめ

今日は何が入っているのかなぁ…と、
クリスマスまでの毎日が楽しみになる
アドベントカレンダー

市販でも可愛らしいものがありますが、
子供が親と一緒に作るアドベントカレンダーは、
間違いなく素敵な思い出になりますよね。

ぜひ今年は手作りのアドベントカレンダーで、
楽しいクリスマスを迎えてみてはいかがですか?

Pocket

Sponsored Link

あなたにおすすめの関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ