日本でもいよいよ始まる!?ブラックフライデーとは?

Pocket

%e3%83%95%e3%82%99%e3%83%a9%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%95%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%86%e3%82%99%e3%83%bc

みなさんは、ブラックフライデーという
言葉を聞いたことがありますか?

海外旅行に何度も言っている方なら、
馴染みのある言葉かと思いますが、
日本では「それってなに?」
分からない人も多いんですよね。

簡単に説明すると、
アメリカを中心として行われる、

お財布の紐が緩くなる
楽しいバーゲンの催しなのですが、
いよいよ日本でも大々的に始まるのでは?
と噂されています。

そこで今回は日本ではまだまだ馴染みの薄い
ブラックフライデーについて
分かりやすくお伝えしましょうね。

Sponsored Link

ブラックフライデーとは一体なに?

ブラックフライデーは、
アメリカの祝日である、
「感謝祭」の翌日に訪れる
金曜日を指します。

この金曜日は特に祝日ではありませんが、
この日から約1か月の休暇期間を、
アメリカではホリデーシーズンと呼び、
クリスマス商戦の開始日
なることが多いようですね。

ちなみにクリスマス商戦は、
アメリカにとって1年で1番お買物がされる日。

感謝祭の売れ残りを、
大幅値下げや一掃セールする
ブラックフライデーはお店にとって、
最も物が売れる日となっているんです。

でもそんな嬉しい催しなのに、
どうして「ブラック」なんて言葉が
ついているのか気になりますよね。

これには2つの説があるんです。

◆お店が由来となっている説

単純にお店が繁盛することで、
黒字になるということから
「ブラック」という言葉が
付いたとされる説です。

言い始めは新聞社のようですが、
1975年には定着していたようですね。

%e3%83%95%e3%82%99%e3%83%a9%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%95%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%86%e3%82%99%e3%83%bc%ef%bc%91

◆警察官が由来となっている説

感謝祭の翌日は、
買い物客で町中人で溢れ大混雑に!

当然それを取り締まる警察官は大忙しで、
「最悪な金曜日だよ!」
と愚痴ったとか(笑)

これがもとで「ブラックフライデー」と
呼ばれることとなったと言われています。

どちらにしても面白い説ですよね。

Sponsored Link

日本でもブラックフライデーが始まる?

2016年のブラックフライデーは、
11月15日となっています。

この日のアメリカでは、
大々的なバーゲンが行われているので、
この時期にアメリカ旅行を計画する
日本人が多いようですね。

ところでこのブラックフライデーですが、
日本でも始まる様子を見せています。

安倍内閣の経済財政諮問会議では、
アメリカのような年に1度の
国規模の大セールを検討していますし、

経済連では全国の百貨店や商店街に、
ブラックフライデーの実施を
呼びかけるといった話も!

ちなみに海外ブランドを中心
扱っているBUYMAや
アメリカ資本のトイザらス、

またキッチン用品で有名な貝印など、
すでにブラックフライデーを開催している
企業もあるようです。

主婦である私としては、
良い物がセールで購入できる
ブラックフライデーが、
もっと日本で広まるといいなぁと思ってしまいます。

%e3%83%95%e3%82%99%e3%83%a9%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%95%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%86%e3%82%99%e3%83%bc%ef%bc%92

日本でもいよいよ始まる!?ブラックフライデーとは? まとめ

アメリカを中心とした海外では、
すっかり定着しているブラックフライデー

日本でも徐々に定着しつつあるようですが、
賢く利用して上手な買い物
心掛けたいものですね。

Pocket

Sponsored Link

あなたにおすすめの関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ