河口湖の冬花火2017の日程は?富士山と冬の花火を堪能しよう!

Pocket

%e6%b2%b3%e5%8f%a3%e6%b9%96%ef%bc%91

日本を代表とする山と言えば
もちろん富士山ですよね。

その富士山と一緒に
冬の花火を楽しめることで有名なのが、
河口湖の冬花火の催しです。

夏の花火とはちょっと違い、
澄み切った夜空を彩る花火と富士山
日本人ならぜひ堪能したいもの!

そこで今回は、
冬の澄んだ夜空に上がる花火と
富士山との珍しいコラボが楽しめる、
2017年の河口湖冬花火の日程など
気になる情報についてお伝えしましょうね。

Sponsored Link

2017年の河口湖冬花火の日程などは?

河口湖冬花火は例年3か所から
花火を打ち上げるため、
とても迫力があるのが特徴です。

打ち上げ時間は比較的短いですが、
毎回違うテーマで花火が打ち上げられているので、
何度観ても飽きることはありません。

また寒い冬なので風邪を引かないよう、
防寒対策は必須となりますね。

・開催期間
2017年1月14日~2月19日期間中の土日
また2017年2月23日(木)富士山の日
・開催時間
20:00~20:20

・開催場所
メイン会場は川口湖畔大池公園
サブ会場は畳岩、八木崎公園
・駐車場
メイン会場である川口湖畔大池公園では
約1,000台駐車可能な無料駐車場あり
(但し例年昼には満車になる傾向が…)

・交通アクセス
中央自動車道河口湖ICから約4キロ
東富士五湖道路富士吉田ICから約3.5キロ
また河口湖駅からメイン会場まで徒歩20分
(但し花火終了後の電車の本数は少なく、
場合によっては接続がないこともあるので要確認)

Sponsored Link

オススメの河口湖冬花火の観賞ポイントは?

花火の打ち上げ箇所が3箇所ということで、
オススメしたい観賞ポイントが数か所あります!

◆迫力のある花火を観たい場合

迫力のある花火を観たいなら、
メイン会場の川口湖畔大池公園
行くことをおススメします。

ただ人気のスポットだけあって
混雑が予想されますので、
早めに行っての場所取りが必要となりますよ。

◆富士山をバックに花火を観たい場合

富士山と花火のバランスがいい
観賞ポイントと言えば、
産ヶ屋崎と湖畔亭うぶやの前が有名。

特に湖畔亭うぶやでは露天風呂からも
花火が見えるとリピーターに人気ですね。

◆夜景と一緒に花火を楽しみたい場合

カチカチ山ロープウェイでは、
キレイな夜景と同時に
3か所から打ち上げられた花火が
楽しむことができます。

料金は中学生以上が720円
小学生が360円となっていますね。

◆なるべく混雑を避けたい場合

子供連れやカップルの場合は、
のんびりと観賞できるポイントに
行きたいものですよね。

サブ会場の八木崎公園は、
比較的混雑が少ない場所です。
 
どの観賞ポイントも寒いので、
防寒対策が必要です。

また目立った屋台などもないので、
食事は済ませておきましょうね。

%e6%b2%b3%e5%8f%a3%e6%b9%96%ef%bc%92

河口湖の冬花火2017の日程は?富士山と冬の花火を堪能しよう! まとめ

冬の花火は夏と比べクリアに観えると
好評のようですね。

実は私の知人も、
河口湖の冬花火に魅せられて、
毎年温泉宿に宿泊がてら
花火の観賞を家族そろって楽しんでいます。

冬の花火を楽しみつつ、
温泉で冷えた体を温める。

そんなことも計画出来る
河口湖冬花火に今年はあなたも
行ってみてはいかがですが?

Pocket

Sponsored Link

あなたにおすすめの関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ