書き初めにはかっこいい四字熟語で決めよう!オススメは?

Pocket

2f4a3d08a545a3e4676e00305b853d34_s

一年の初めに目標を持って過ごすため、
今年の抱負を書く書き初め

私が小学生の頃などは、
冬休みの宿題として
書き初めを提出していましたが、

今でも宿題としている学校が
多いようですね。

そこで迷うのが書き初めに
何を書こうかということ!

「初日の出」や「一期一会」
などの定番のものや、
「爽健美茶」「育毛促進」などの
ウケ狙いの書き初めもいいけれど、

今年はかっこいい四字熟語
書き初めを決めてみませんか?

そこで今回は、書き初めにオススメの
かっこいい四字熟語とその意味

お伝えしますね。

Sponsored Link

書き初めに四字熟語がかっこいい理由は?

書き初めに四字熟語が選ばれるのには、
それなりの理由があります。

第一に、漢字四文字でしっかりとした意味
書き表すことができること。

そして第二に、
四文字自体が書き初めを書くのに大切な、
バランスを取りやすいということです。

ちなみに平仮名や片仮名よりも、
漢字の方が画数が多いので
かっこよく見えるという
嬉しい効果もありますね。

だからこそ書き初めには、
四字熟語が選ばれるんですよ。

Sponsored Link

書き初めにオススメするかっこいい四字熟語は?

では私がオススメする、
かっこいい四字熟語をお伝えしましょう。

◆一日一生(いちじついっしょう)

今日一日を一生と考えて、
精一杯生きようという意味です。

しかもこの4つの漢字は
小学1年生で習う漢字なので、
低学年でも比較的書きやすいのが
おすすめポイントですね。

◆公明正大(こうめいせいだい)

私利私欲なく堂々としている様を
指している言葉です。

学校で重視している「止め・跳ね・払い」
キチンと含まれているので、
こちらは冬休みの宿題にピッタリですよ。

◆日進月歩(にっしんげっぽ)

毎日絶えず努力するという意味です。

一年の目標を書くという書き初めに
相応しい四字熟語ですね。

◆外柔内剛(がいじゅうないごう)

優しそうな外見とは裏腹に、
内面の意思がしっかりと強い
という言葉です。

こうありたいと願う気持ちを
書き初めに表現したいですね。

◆虚心坦懐(きょしんたんかい)

心にわだかまりが無く、
スッキリとした状態を指す言葉です。

ちょっと画数が多く
難しそうに見えますが、
書くと、
とてもかっこいい仕上がりになるのでおすすめです。

◆切磋琢磨(せっさたくま)

精神面や学力などを日々努力して
磨き上げるという意味です。

学生にとっても大人にとっても、
大切な意識したい言葉ですね。

◆勇往邁進(ゆうおうまいしん)

恐れずに目標に向かって
ひたすら前進する様子。

どんな時にも忘れてはならない
四字熟語と言えますね。

書き初めにはかっこいい四字熟語で決めよう!オススメは? まとめ

書き初めに書いてみたい四字熟語
見つかったでしょうか?

ちなみに一般的に書き初めは、
事始めとして1月2日に書く
上手く精進できると言われていますよ。

一年の始まりですから、
自分の気持ちや思いが込められた
かっこいい四字熟語を選び、
書き初めにチャレンジしてみて下さいね。

Pocket

Sponsored Link

あなたにおすすめの関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ