初詣では正しい参拝の仕方をしてあなたの願いを叶えよう!

Pocket

4ba121fbcb10f7064375031662f767d2_s

毎年初詣をしていますが、
正しい参拝の仕方を知らず、
つい周囲の人の見様見真似で
お参りしているという人はいませんか?

初詣で一年の願い事をしても、
適当な参拝の仕方では神様に失礼で、
願い事が叶えてもらえるかどうか
心配になってしまいますよね。

正しい参拝の仕方を身に着けて、
神様に気持ちよく願い事を
叶えてもらいたいもの!

そこで今回は、覚えておきたい
正しい初詣の参拝の仕方について、
説明しましょうね。

Sponsored Link

覚えておきたい初詣の正しい参拝の仕方とは?

それでは初詣の正しい参拝の仕方を、
段階に分けて説明しましょう。

◆鳥居をくぐる時の作法

鳥居をくぐる前から参拝は始まっています。
まずは服装の乱れを整えてから、
軽く一礼をして鳥居をくぐりましょう。

また神様の通り道とされている
参道の中央ではなく、
できれば左右側から入るようにして下さい。

◆参道の正しい歩き方

人込みで難しいかもしれませんが、
真ん中ではなく左右に寄って歩きます。

また新年祝賀ムードに浮かれて
大きな声で話したり騒ぐのは、
マナー違反ですので止めましょう。

◆手水舎(ちょうずや・てみずや)での身の清め方

手水舎に着いたら次の順序で
身を清めましょう。

1.右手に持った柄杓(ひしゃく)
で水を汲み左手に水をかける。

2.柄杓を左手に持ち替えて同様に右手に水をかける。

3.再び柄杓を右手に持ち、
左手を椀にして水を受け口をすすぎます。

但しうがいをしたり、
柄杓に直接口を付けるのは
絶対にしてはいけませんよ。

4.口を付けた左手に水をかけ清める。

5.柄杓を立てにして柄の部分を清める。

6.柄杓を元の場所へ伏せて戻す。

ちなみに上記の作法は、
1度の水くみで行うのがマナーですよ。

4c67fc766c9857d9f762a9613fa98778_s

◆正しい参拝の仕方

参拝を行う前にここで、
マフラーや帽子は脱ぎましょう。

1.姿勢を正しお賽銭をそっと入れ、
鈴の音を優しく鳴らす。

2.再度姿勢を正し90度の深いお辞儀を2回繰り返す。

3.両手を胸の高さにし、
右手を少し下にずらした状態で
拍手を2回打った後、
両手を合わせて願い事をする。

4.両手を下し再度90度の深いお辞儀を1回する。

◆願い事の作法

拍手を2回打った後、
手短に願い事をします。

願い事の作法としては
自分の名前と住所を神様に伝えてから、
願い事を叶えてくれるようお願いしましょうね。

◆参拝終了後

参拝を終えたら
行きと同様に参道の左右に寄って歩き、
鳥居をくぐり終えたら向きを変え、
軽く一礼をします。

そして神様から頂いた福を落とさぬように、
寄り道をしないで帰宅しましょう。

Sponsored Link

初詣では正しい参拝の仕方をしてあなたの願いを叶えよう! まとめ

意外と知らない人が多い
正しい初詣の参拝の仕方ですが、
作法やマナーに疎くなった現代だからこそ
しっかりと覚えたいものです。

正しい参拝方法をしている様子は、
神様もきっと見ているはず!

快く神様に願い事を叶えてもらうためにも、
初詣では正しい参拝をして下さいね。

Pocket

Sponsored Link

あなたにおすすめの関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ