初詣には神社と寺のどっちに行くのがいいの?神社と寺の違いは?

Pocket

8c955efbcfabc669cb2f29fdb1a321e0_s

毎年元日には全国各地の神社や寺
初詣の参拝客で大賑わい!

みなさんも家族、恋人、友人たちと、
初詣に出掛けることと思います。

ところでそんな初詣ですが
神社と寺のどっちに行きますか?

あまり深く考えたことはないと思いますが、

・初詣には神社と寺のどちらがいいのか?
・お参りの仕方に違いがあるのか?

などとわからないことが多いんですよね。

今回はそんな疑問について、
簡単にわかりやすく説明しましょうね。

Sponsored Link

神社と寺のどっちに初詣したらいいの?

結論からお話しすると、
初詣には神社と寺のどちらに行っても
全く問題がありません

つまりあなたの好きな方へ
行けばいいということになります。

ですが、そもそも神社と寺の違いは
何なのでしょうか。

簡単に一言で説明すると、
神社では「神様」
寺では「仏様」をお祀りしているという、
大きな違いがあります。

しかし日本の歴史をさかのぼると、
奈良時代から明治時代の間は
神様も仏様も同時に信仰されていた経緯が!

明治時代以降は神社と寺の役割を
分けるようになりましたが、

神様も仏様も同一視していた長い歴史の結果、
宗教や信仰などの理由がない限りは、
神社と寺のどちらへ初詣に行っても
構わないという考えが定着したんです。

なんとも宗教や信仰に対して
大らかな日本らしい話ですよね。

Sponsored Link

初詣の神社と寺の違いとは?

前年を無事に過ごす事が出来た感謝と、
今年1年の願い事をお願いする
という意味では神社も寺も同じですが、

微妙に参拝の作法に違いがあるので注意が必要です。

簡単にお伝えすると次の通りです。

◆神社の場合

1.神社の前で軽く会釈をし、賽銭を入れた後鈴を鳴らす
2.深く2回お辞儀をし拍手を2回打つ
3.合掌し祈願した後、深いお辞儀を1回する

◆寺の場合

1.本堂の手前でお線香を焚く
2.軽く会釈をした後に鐘をつき賽銭を入れる
3.合掌し祈願した後、軽い会釈をする

微妙ですが神社と寺の参拝の仕方に
違いがあることがわかりますよね。

神社での参拝方法と言えば、
「二礼二拍手一礼」
が基本となりますが、

寺の場合は「静」の環境が求められるため、
神社のように拍手をしないのが特徴です。

寺では数珠を手に静かに参拝するのが
重要なポイント!

くれぐれも寺では拍手をしたり、
祝い事に浮かれて大声を出して
参拝しないよう注意して下さいね。

2a0eb16056c5573985c9fc3ba91f3c8e_s

初詣には神社と寺のどっちに行くのがいいの?神社と寺の違いは? まとめ

神社と寺には数多くの違いがあれど、

神様も仏様も一緒にする!
初詣は神社でも寺でも問題なし!

という宗教にこだわりのない考え方は、
まさに日本の特徴ですよね。

神社と寺のどちらに初詣へ行くにしろ、
失礼のない作法をして、
感謝の気持ちとお願い事
キチンと伝えに行きましょう!

あなたの願い事が、
神様や仏様にしっかり伝わるといいですね。

Pocket

Sponsored Link

あなたにおすすめの関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ