1月16日が禁酒の日となった由来をあなたは知っていますか?

Pocket

078c1f05284a057394976db731de5428_s

クリスマスに始まり忘年会や新年会など、
年始年末は何かとお酒を飲む機会が増えますよね。

その結果、
ちょっと疲れが取れないなぁ…
なんて感じることも!

そんな人を見透かすかのように、
1月16日は禁酒の日ということを
あなたはご存知でしょうか。

意外と知られていない禁酒の日ですが、
一体どんな由来で1月16日と
決まったか気になりませんか?

そこで今回は酒好きには特に気になる、
禁酒の日の由来についてお話ししましょうね。

Sponsored Link

1月16日が禁酒の日になった由来とは?

実は1月16日が禁酒の日となった由来には、
悪名高いことで有名な、
アメリカの「禁酒法」が大きく関係しています。

禁酒法はどんな法律かと言うと、

・お酒を飲み過ぎると体調を崩し
労働意欲も低下する

・お酒を造らなければその分の作物が
大きく節約できる

などという清教徒(ピューリタン)
ちょっと無茶苦茶な意見が通り、
文字通りお酒の製造や販売を
禁止する
という内容のもの。

お酒を飲みすぎる男性に不満があった
女性にも支持されて、
1920年1月16日に
実施されることとなりました。

このことを由来として日本では、
1月16日が禁酒の日となったんですね。

ちなみにこの禁酒法、
素人が粗悪な密造酒を造って
死亡事故を起こしたり、

密造酒の利権でマフィアが大儲けしたりと
想定外のことが起こった結果、
1933年12月5日廃止に。

確かにお酒の飲み過ぎはいけませんが、
だからと言って法律でお酒を禁止という
極端な方法は逆効果だった
ということなんでしょうね。

Sponsored Link

1月16日はあなたも禁酒をしてみよう!

せっかく1月16日は禁酒の日なので、
正月で疲れている肝臓を
しっかりと休ませるために、
この日だけは禁酒をしてみませんか?

もちろん我が家でも毎年この日には
たくさんのオニギリと豚汁を
早めの晩ご飯として食べ、

トランプやオセロなどのゲームを
家族揃って楽しむことにしています。

ちなみに酒好きには辛い禁酒ですが、
次のようなメリットがあると
言われていますね。

◆ダイエットになる

塩分やカロリー過多なおつまみを食べなくなるので、
結果ダイエットになります。

◆お金が貯まる

晩酌となる酒代は結構な出費。 
また飲み会などに使っていたお金も、
合わせると結構な金額になります。

◆髪質が良くなる

アルコールを摂取しすぎると、
血行不良になることで髪の発育を阻害します。

つまり禁酒すると逆に血行が良くなり、
髪質が良くなるんですね。

この他にも高血圧や肝機能が
正常値になるという効果も!

完全な禁酒をする必要はありませんが、
適度な量の飲酒とたまの禁酒日
上手にお酒と付き合いたいものですね。

16d459ecd5a57b85a050e42aa3f10bb7_s

1月16日が禁酒の日となった由来をあなたは知っていますか? まとめ

「酒は人生の友」とも言われ、
昔から親しまれている飲み物です。

だからと言って飲み過ぎると、
とんでもない悪友になるから
注意が必要なんですよね。

1月16日の禁酒の日には、
日頃のお酒との付き合い方に
改めて向き合うためにも、

この日だけは禁酒をしてみるのも、
いいかもしれませんよ。

Pocket

Sponsored Link

あなたにおすすめの関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ