おみくじの良い順番を知っていますか?おみくじの言葉の意味は?

Pocket

82090dd0f5c3a28aa5d7ea5e56b92243_s

初詣の楽しみと言えば
1年の運勢を占うおみくじです。

でもちょっと待って!

大吉が良いのは分かりますが、
吉、小吉、末吉などを引くと

一体どれが良いんだろう?

なんて頭をひねったことありませんか?

またおみくじにかかれている文章
昔風の言葉で書かれているので、
意味がよく分からないこともありますよね。

そこで今回はおみくじの正しい順番や、
代表的な言葉の意味
についてお伝えしましょうね。

Sponsored Link

おみくじの正しい順番を知ろう!

おみくじの正しい順番ですが、
正直なところ「これが正解!」という
確実な順番は無いのが現実のようです。

実際に全国の神社の総意で運営している
神社本庁のHPにも、
明確におみくじの良し悪しの順番は
記載されていないんですよね。

これは、
神社によっておみくじの順番が異なる
ことが多々あるから。

ただし一般的な神社では、
次の順序となっているようですよ。

▼7段階のおみくじの場合
大吉>中吉>小吉>吉>末吉>凶>大凶

▼12段階のおみくじの場合
大吉>中吉>小吉>吉>半吉>末吉>末小吉>凶>小凶>半凶>末凶>大凶

ちなみに神社によっては大吉の次に
「吉」を良いとする場合や、
現状維持を意味する「平(たいら)」という
おみくじがある場合も!

どちらにしろおみくじの順番は、
神社によるところが大きいので、
正確な順番は神社の方に尋ねるのが
1番確実ということですね。

Sponsored Link

分かりにくいおみくじの言葉の意味は?

おみくじにかかれている文章は、
神様からの助言です。

さすがに神様からの言葉だけあり、
ちょっとわかりにくいなぁと思う人も
多いのではないでしょうか。

そこで代表的なおみくじの言葉について説明しましょう。

◆待ち人

一般的に恋人や好きな人と思われている
待ち人の本来の意味は、
運命を良い方向に導いてくれる人!
というものです。

つまりたとえ恋人や好きな人であっても、
良い方向へ導いてくれないならば
待ち人ではないということなんですね(苦笑)

◆便りなし来る

便りがあるのかないのか分かりにくい!
という人も多いこの文章の意味は、
なんの連絡もないのにいきなり来る
というものです。

いつ来るのかドキドキですね。

◆向吉(むこうきち)

今の状況から徐々に良い方向へ
進むことができるという意味。

焦らずに物事が好転するのを待ちましょう。

◆さわりあり

何らかの障害があることを意味します。

この障害は相手側だけではなく、
自分側にある場合もありますね。

◆走り人

いなくなった人、または失踪した人を指す言葉です。
思いがけない人という意味もありますね。

0fb4e1568d68bd4e333272737d7c9ead_s

おみくじの良い順番を知っていますか?おみくじの言葉の意味は? まとめ

初詣のおみくじはちょっとした
楽しみなイベントですよね。

たとえ結果が悪かったとしても、
おみくじの内容を参考にして災いを避けよ、
という神様からの助言と思えば
なんだかありがたく感じませんか?

悪い結果を怖がらず1年の運試しも兼ねて、
ぜひ初詣にはおみくじを引いてみて下さいね。

Pocket

Sponsored Link

あなたにおすすめの関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ