鏡餅はいつからいつまで飾るといいのか知っていますか?

Pocket

f594405edbc1548b80929358443fda05_s

お正月と言えば欠かせないのが鏡餅ですよね。

我が家ではお餅屋さんに
鏡餅を注文していますが、

最近では真空パックの鏡餅を
上手に活用して飾っている
家庭が多いようです。

そんな便利になった鏡餅ですが、
一体いつからいつまで飾るのか
あなたは知っていますか?

そこで今回は意外なことに
キチンと知っている人の少ない
鏡餅を飾る時期についてお伝えしますね。

Sponsored Link

鏡餅はいつから飾るのが正しいの?

鏡餅は新年にやってくる
歳神様へのお供え物と同時に、
歳神様の依代(よりしろ)となる大切なものです。

そんな鏡餅はいつから飾るのが
正しいのでしょうか?

実は必ずこの日に飾らなくてはいけない!
という決まりはないようです。

しかし一般的に鏡餅は、
12月28日から飾る家庭が多いんだとか。

これは28日の「八」という漢字が、
末広がりで縁起がいいとされてるため。

また29日〜31日は、
次の理由で鏡餅を飾り始めるのに
相応しくないとされています。

・29日…29という数字が「二重苦」に繋がるため
・30日…旧暦では大晦日にあたるため
(相応しくない理由は31日と同様)
・31日…ギリギリに鏡餅を用意するのは
一夜飾りと呼ばれており、
歳神様に失礼な行為とされているため

つまり鏡餅はいつから供えるという
明確な決まりはありませんが、

できれば余裕をもって、
12月28日にはお供えするのを
良しとする考え方が、
一般的となっているんですね。

ちなみに12月28日が
仏滅の場合はどうしたらいいのか、
心配される方もいるようですが、

仏滅や友引などの考えは
中国の六曜から来たもので、
日本の神事である鏡餅の風習には全く関係ありません。

ですから仏滅を気にすることなく、
鏡餅をお供えしても大丈夫なんですね。

Sponsored Link

鏡餅はいつまで飾るといいの?

では鏡餅はいつまで飾るのが
いいとされているのでしょうか。

それはズバリ!鏡開きの日までです!

でも鏡開きの日は地域によって
日にちが異なりますよね。

例えば一般的に鏡開きの日
1月11日となっていますが、
関西地方では1月15日
京都では1月4日となっています。

とは言えどの地域でも一般的に、
鏡開きの日に鏡餅を下げるのは共通しているようです。

予め地域の鏡開きを確認し、
それに合わせて家族みんなで
縁起物の鏡餅を食べるのが
いいということなんですね。

また一部地域によっては、
門松と同様に松の日に鏡餅を下げ保存し、
鏡開きの日に食べる場合もあります。

この点にも注意が必要ですよ。

4c3f845d5f0c0287fcc9e13ba909a4c5_s

鏡餅はいつからいつまで飾るといいのか知っていますか? まとめ

鏡餅は正月に欠かせないうえ、
食べることで神様の力を
得ることができるとされる大切な縁起物です。

必ずこの日に!
という決まりはありませんが、

鏡餅は12月28日にお供えし、
鏡開きである1月11日に
下げるのが一般的となっています。

鏡餅を準備する際は、
ぜひこのことを思い出して下さいね。

Pocket

Sponsored Link

あなたにおすすめの関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ