Pocket

灌仏会(かんぶつえ)
初めて耳にする方も多いですよね。

日本では、毎年4/8に行われる仏教行事で、
「花まつり」という名前で親しまれ、
多くの寺院で開催される行事です。

地域によっては、
桜が見ごろになる時期の伝統行事の灌仏会。

一体どんなお祭りなのか、
その歴史や振る舞われる甘茶や食べ物など、
灌仏会についてまとめました。

Sponsored Link

灌仏会(かんぶつえ)とは?その歴史と現在の儀式!

灌仏会お釈迦様の誕生を祝う仏教行事で、
インド西域で行われていた行道が発祥。

中国を経由して日本に伝播したと考えられています。

諸説ありますが、
記録に残っている国内でもっとも古い灌仏会は、
奈良県法隆寺の、
聖霊会(しょうりょうえ)という法会。

僧堂内で仏像に毎日香水をかけて礼拝をする儀式が、
行像(仏像をのせた山車をひいて町を練り歩く)
などの祭りとなり、民衆にも広がっていきました。

現在では、仏教の宗派に関係なく各地の寺院で行われ、
お釈迦様の誕生日である4/8になると、
花御堂(はなみどう=花で飾った御堂)
に安置した釈迦像に、甘茶を注ぎ礼拝します。

甘茶は「アマチャ」という植物を使用したお茶。
寺院によっては参拝客にふるまわれます。

灌仏会には、
一般開放される寺院がほとんどなので、
誰でも寺院に参拝できますよ。

また、仏教系の保育園などでは稚児行列を行うところもあり、
和やかな雰囲気を味わえる、
誰でも気軽に参加できるお祭りが灌仏会なんです。

Sponsored Link

灌仏会(かんぶつえ)に甘茶が振る舞われる理由は?

お釈迦様が生まれた日、天に9匹の龍が現れて、
かぐわしい甘露の雨を降り注いで、
産湯を満たしたという伝説があります。

そんな伝説になぞらえて、
日本に伝わってきた当初は、
釈迦像に5種の香水をかけていました。

それが江戸時代になると、
現在のように、甘茶をかける作法が主流になります。

なぜ甘茶が香水にとってかわったのか?

伝説の「甘露の雨」にルーツがあるのでしょうが、
いまだにはっきりと解明されていません。

お釈迦様にかける甘茶を飲む事で、
ご利益がある、と考えられているのかもしれませんね。

「アマチャ」は日本特有の品種で、
アジサイ科のヤマアジサイの変種。

長野、富山、岩手などで栽培されています。

砂糖の約1000倍もの甘みがあり、
お茶としてだけでなく、
天然の甘味料や病気の民間療法、
神事やお供え物などに古くから利用されてきました。

近年、抗アレルギー作用があることで注目されています。

店頭ではなかなか見かけませんが、
インターネットで購入可能なので、
気になる方は甘茶の味をぜひ試してみてくださいね。

灌仏会(かんぶつえ)にはどんな食べ物を食べる?お供え物は?

灌仏会のお祝いを家庭でする機会は少ないですが、
行事ごとでは、普段食べないものを食す事が多いですよね。

灌仏会では、
きんぴら、とろろ、白あえ、といった、
精進料理を食べます。

精進ちらし寿司でお祝いをする家庭も、
中にはあります。

お釈迦様の誕生を祝うものなので、
精進料理を食べるだけではなく、
お祝い事として楽しもう!
ということかもしれませんね。

灌仏会には、
草団子や草餅をお供えします。

時期的には、
よもぎ餅をお供えするのが一般的。

みんなでよもぎ餅を作って、
お釈迦様の誕生日を祝ってくださいね!

灌仏会(かんぶつえ)とは?甘茶の理由は?食べ物は何を食べる? まとめ

灌仏会という季節の行事をまとめました。

全国の寺院や地域で花を楽しむイベントとして、
灌仏会が広まりつつあります。

甘茶でといた墨汁で習字をすると、
字がうまくなるという言い伝えもあるので、
1度試してみてはどうですか?

春の陽気を肌で感じたくなる季節の行事、灌仏会

参拝がてら、花を観賞するもよし、
甘茶をあじわうもよし、
遠くの寺院に出かけてみるもよし。

イベントとして、また文化に親しむ機会として、
灌仏会に参加して、
お釈迦様の誕生を祝ってみてください!

Pocket