卒業式にボタンを渡す意味は?ブレザーの場合はどうするの?

Pocket

ボタン

3月と言えば卒業式です。

学校を巣立つ子供達は、
友人と離れ離れになる寂しい別れや、
新しい生活への期待と不安で、

卒業式まで、
落ち着かない日々を
過ごしているのではないでしょうか。

そんな卒業式で、
子供達が一番盛り上がるのが、
好きな人の制服の、
第二ボタンを貰うというイベントです!

でもこのイベント、
いつから始まったものか知っていますか?

どうして第二ボタンなの?
ブレザーの場合はどうするの?

そんな意外と謎だらけの、
「卒業式の第二ボタン」について、
お話しします。

Sponsored Link

卒業式になぜボタンを渡すのか?

第二ボタンを好きな人に渡す

この習慣の始まりは、
1960年に公開された映画、
「紺碧の遠く」
のワンシーンが由来とされています。

戦争中、神風特攻隊員となり、
出撃後、生きて帰れない主人公が、
好きな女の子に形見として、
軍服の第二ボタンを渡す。

そんなシーンが
別れの卒業式に重なって
第二ボタンのイベントになったんですね。

なんだか切ないお話です。

ちなみに制服の5つのボタンには、
それぞれ意味が込められていることを
知っていますか?

第一ボタン…自分自身
第二ボタン…好きな人、大切な人
第三ボタン…友達
第四ボタン…家族
第五ボタン…どうでもいい人、他人

こう見ると、
どのボタンよりも、
第二ボタンの存在は大きいですよね。

その理由としては、
後付けですが、
「心臓に一番近い場所だから」
とされています。

つまり第二ボタンには、
「心を渡す」
という素敵な意味が、
込められていたんですね。

Sponsored Link

ブレザーの場合はボタンを渡すの?

では、最近の制服でもある、
ブレザーの場合は、
どうなのでしょうか?

ブレザーの第二ボタンは、
心臓というよりヘソに近い場所

そう考えると、
あまり素敵には感じませんが、
ブレザーの場合でも、
第二ボタンのイベントは健在なのか?

去年、ブレザー制服の高校を卒業した、
近所の大学生に聞いてみました。

すると意外な答えが!

後輩などに頼まれて、
ボタンや校章を渡したけど、
彼女にはネクタイを渡した

学校で卒業式が終わって、
自宅に帰るまでは、
ボタンなどを渡してはいけないと、
事前に注意されていた。

ボタン1

一応、第二ボタンのイベントは
残ってはいるようですが、
彼の学校では、
ネクタイが本命用だったようですね。

また、
校内での受け渡し
禁止している学校があるとは、
ちょっと寂しい結果でした。

ちなみに彼の学校で、
一番のモテ男子だった、
サッカー部のエースは、

学校で禁止されているにも関わらず、
卒業式直後、女の子が殺到。

ブレザーのボタンでは足らず、
校章、キーホルダー、生徒手帳、
さらにはズボンのボタンも渡すことになったとか。

まるで女の子が山賊に見えた(笑)

そんな状態だったそうです。

ここまでくると、
学校が禁止したくなるのも、
分かる気がしますが、

歯止めの聞かない
青春真っ只中の学生のためにも、
ちょっと目をつぶって欲しい。

そう思ってしまいますよね。

「ボタンを下さい!」

結果はどうあれ、
この瞬間は、
生涯の甘い思い出になるんですから…。

Pocket

Sponsored Link

あなたにおすすめの関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ