Pocket

3月3日と聞けば「ひな祭り」ですよね。
ですが、耳の日でもあるんです!

ひな祭りが注目を集め、あまり存在感がない耳の日

健康だと、なかなか耳を特別に意識する事なんてないですよね?
耳の日のことを知って、ぜひ耳を大切にすることを心掛けてください。

今回は、そんな耳の日の由来やどんな日なのかを詳しく紹介していきます。
意外と深い話なので、雑学として会話のネタになりますよ。

Sponsored Link

耳の日の由来!どうして3月3日?

1956年に、日本耳鼻咽喉科学会によって制定された記念日が耳の日

数字の3が耳のような形をしていることから、
年に1度、3の数字が揃う3月3日が耳の日になったというわけです。

一般の人々に、もっと耳に関心を持つキッカケとして、
耳のことや耳の病気のことを知ってもらうのを目的としています。

3月3日が耳の日って、あまりにも直球すぎですが、
実は3月3日には、耳の日にまつわるエピソードが沢山あるんです。

電話を発明したグラハム・ベルの誕生日が3月3日。

視覚・聴覚の重複障害者で知られるヘレン・ケラーが、
障害を克服して日常的な生活を送れるように、
アン・サリヴァンから指導を受け始めた日も3月3日。

こうした歴史的背景があるからこそ、
3月3日が耳の日に制定されたんです。

五体満足だと、耳は聴こえるのが当り前。
ですが、耳に障害を持ち、音が聞こえない人がいるのも事実。

耳の健康を意識する日として、耳の日を知っておきましょう!

Sponsored Link

耳の日には何をしたらいい?

耳が健康で音が聞こえることを当り前と考えず、
耳の日をキッカケにして、
聴覚障害者に関心を持ってみてはどうでしょう?

聴覚障害者と会話には、「手話」を使います。

TVなどではよく見かけますっが、
実際に手話を使える人は、そんなに多くないでしょう。

そこで、耳の日に簡単な手話を覚えて、
いざという時に使えるようにするといいですね。

<基本的な手話の例>

・おはようございます
→右手をグーにして、アゴの位置に下げる仕草

・おやすみなさい
→顔の前で両手を合わせて、そのまま頬に寄せ、目を閉じて寝るような仕草

・お疲れさま
→片手を下にして、逆の手をグーにして上から手首を軽く叩く仕草

紹介した手話は基本的なものですが、
この機会に手話の知識を深めてみてはどうですか?

手話の世界に飛び込むことで、
コミュニケーションの幅を広げられますよ。

耳の日に知っておきたい耳雑学!

耳の日は、耳のことに関心を持つ日です。

せっかくなので、耳にちなんだ耳雑学を覚えておくと、
さらに話題を広げられますよ。

耳の雑学をいくつか紹介しましょう。

◆左右の耳を使い分ける

人間は右耳から聞いた情報は左の脳で処理し、
左耳から聞いた情報は右の脳で処理をしています。

右脳は感情・創造などを担当していて、
左耳に向かって話すと、
感情を刺激して相手の心を揺さぶることができます。

左脳は計算・言語などを担当していて、
仕事や勉強といった場面では、
右耳で聞くようにすると効率アップにつながりますよ。

◆音楽のテンポで心拍数が変わる?

耳から入る音楽のテンポは、心拍数にも影響を与えます。

テンポが速ければ、心拍数も上がってテンションが高くなり、
テンポが遅ければ、心拍数も下がって気持ちが落ち着いてきます。

気持ちを作るのに、音楽選びは大切ということですね。

◆鼓膜は破れても再生する

鼓膜が破れてしまうと、聴覚を失ってしまうと思っていませんか?

実は鼓膜の再生能力は高く、破れてしまっても、
2~3週間で元通りになります。

ただし、中耳炎などで何度も鼓膜に穴が開いてしまうと、
再生しないこともあります。

強く耳かきをしてしまって、鼓膜を破ってしまう人も多いですが、
優しく耳かきするようにしましょう。

耳の日ってどんな日?由来を知って耳を大切にしよう! まとめ

耳の日について、由来やどんな事をすればいいのか?
ちょっとした耳雑学を紹介しました。

耳の事を意識して、耳を傾けることこそ耳の日の意義です。

普段はあまり考えない耳のことについて、
考える1日にしてくださいね。

Pocket