魔の2回生の意味は?議員メンバーリストと不祥事を公開!

Pocket

2017年の流行語大賞にノミネートされ、
再び注目を集めることになった「魔の2回生」

この言葉をあなたは知っていますか?

不名誉な国会議員を指す言葉で、
そのこと自体が日本国民としては残念に思えます。

今回は、魔の2回生という言葉の意味
そう呼ばれる議員メンバーのリストと不祥事をまとめました。

この問題を知ることで、
日本政治に関わる根本的な問題も見えてくるかもしれませんね。

Sponsored Link

魔の2回生の意味とは?

「魔の2回生」は2つの言葉で構成されているので、
それぞれ「魔」と「2回生」で分けて解説していきます。

「魔」とは、国会議員がした不祥事のこと。
2回生と呼ばれる国会議員の残念なニュースが続いたことで、
「魔」と表現されるようになりました。

「2回生」とは、2回目の当選を果たした国会議員のこと。

1回目の当選を果たすことで、
国会議員はその土地に強固な地盤を築くことができるため、
2回目以降の選挙に有利にはたらきます。

当時の選挙では、自民党の追い風もあって、
比較的にラクに当選した議員が多かったですね。

こういった背景があり、気の緩みが生まれて、
2回目の当選を果たした国会議員に不祥事が続き
「魔の2回生」という不名誉な言葉が生まれたというわけです。

Sponsored Link

魔の2回生と呼ばれる議員メンバーリストと不祥事一覧!

魔の2回生と呼ばれる不名誉な7人の議員はこちら。

・武藤貴也
・務台俊介
・宮崎謙介
・大西英夫
・豊田真由子
・金子恵美(疑惑)
・橋本英教

これだけの人数の国会議員の不祥事が続けば、
魔の2回生として括られてしまうのも仕方ないですよね。

それぞれの議員が起こした不祥事を詳しく紹介していきましょう。

◆武藤貴也

不祥事の数が多いのが武藤貴也さんの特徴で、以下の4つになります。

1.選挙スタッフへの賃金未払い
2012年に雇用していた選挙スタッフに対して、
賃金未払いで訴訟を起こされる騒ぎまで発展しました。

結末は、30万円支払うことで和解したようです。

2.インサイダー取引き疑惑
知人に対して、不当な未公開株の取引きを持ちかけたとされています。

3.淫行問題
未成年男性との関係があったことが明らかになり、
色々な意味で世間を騒がせました。

4.追突事故
前を走る車に、後ろから衝突する交通事故を起こしています。

ここまで不祥事が多いと、
「魔の2回生」という言葉を通り過ぎてあきれてしまいますね。

◆務台俊介

数々の問題発言が話題となった国会議員で、
「東京を便利にすると、ますます東京で子育てをしようとなるので、
ある程度、東京ではコストがかかって不便にしないといけない」

と発言して騒がれました。

また、復興大臣として、台風10号の被害を受けて、
岩手県岩泉町に訪れたときのこと。

水たまりを革靴で渡ることができず、
職員におんぶされている様子がテレビに流されたことで、
謝罪に追い込まれています。

さらに、その翌年に行われたパーティーのスピーチで、
要人が被災地に出向くときに備え、政府が長靴を用意したことに触れており、

「長靴業界が儲かったのではないか」
「パーティーに長靴業界の人間を呼んでいない」

と発言したことで、結果的には墓穴をほって辞任されました。
どうやら世間の気持ちを汲むような発言・行動ができなかったようですね。

◆宮崎謙介

国会議員の金子恵美さんと結婚をして、国会議員ながら、
育休宣言をすることで有名になりましたよね。

しかし、グラビアアイドルとの不倫が明らかになり、
不祥事として取り上げられました。

妻である金子恵美さんの出産入院中の不倫騒動だったので、
倫理的な問題として、さらに世間を騒がせるスキャンダルに発展。

自民党を離党して、議員をも辞職することになり、
憲政史上で初となる、不倫スキャンダルで議員辞職をした国会議員として、
歴史に名前を刻むことになりました。

◆大西英夫

不適切な発言が問題となった国会議員で、
とくに国会でのヤジがひどいことで有名でした。

そんな大西英夫さんの注目するべき問題発言は、以下の4つ。

1つ目は国会で上西小百合議員の発言に、
「まずは自分が子供を産まないとダメ」
とヤジを飛ばしたことを取り上げられています。

2つ目は選挙応援に訪れた神社の巫女さんが、
「自民党はあまり好きじゃない」と発言したことに対して、
「巫女さんのくせになんだと思った」と述べたことで注目を集めました。

3つ目はガン患者に対する発言で、
「がん患者は働かなければいい」というもの。

ガン患者に対する差別とも受け取れるため、
世間から非難される結果になりました。

4つ目は須藤元気さんとの記念写真をWEBサイトに掲載。

それだけなら、問題になるようなことはないのですが、
勝手に推薦文を捏造してしまいました。

◆豊田真由子

多くのニュース・ワイドショーで取り上げられた、

「このハゲー!」
「ちーがーうーだーろー!」

といった、
秘書に対する暴言・暴行の様子を録音した音声データが世間を騒がせましたね。

ちなみに、
「ちーがーうーだーろー!」
流行語大賞にノミネートされています(苦笑)

そのあと入院して、対応が後手に回ったのもイメージを悪くしました。

退院後に記者会見を開いて公の場で謝罪しましたが、
悪くなったイメージを払拭できなかったですね。

被害を受けた元秘書が正式に被害届を提出していることで、
刑事事件に発展しています。

◆金子恵美(疑惑)

不倫騒動で議員辞職した宮崎謙介さんの奥さまですが、
公用車をお子さんの保育園の送迎に私的利用していると週刊誌に報じられています。

しかし、公務の移動のついでであれば、
お子さんを保育園に送迎することは問題ないように思えますよね。

そのことから、公務の範囲を超えた私的利用があったのではないか
という疑惑に発展しています。

残念ながら、真相は明らかにされることはなく、
うやむやのまま終わってしまいそうです。

◆橋本英教

女性関係や飲酒の問題が週刊誌に取り上げられ、
自民党の岩手県連副会長を辞任。

女性関係では議員宿舎に中国人女性を囲っており、
そのことが原因で奥さんと離婚したとされています。

飲酒の問題では公務中でも構わず飲酒しており、
常に酒くさくてアルコール依存症を疑われるほど。

国民からの支持を受けて、議員当選を果たしたのに、
このように素行が悪いとガッカリしてしまいますよね。

Sponsored Link

魔の2回生の意味は?議員メンバーリストと不祥事を公開! まとめ

「魔の2回生」という言葉の意味から、議員のメンバーリスト
さらに問題となった不祥事まで詳しく紹介しました。

2回目の当選を果たすまでの道のりは大変だったと思いますが、
仕事の中身がともなっていないとダメですよね。

一票を投じる私たちの責任も重いのだと実感してしまいます。

選挙のとき、立候補者の人間性まで知ることができないので、
人を見る眼を養うのも大切です。

国会議員の報酬は、私たちが納めている税金から賄われているもの!

気持ちよく税金が納められるよう、
有意義なことに使ってもらいたいですよね。

Pocket

Sponsored Link

あなたにおすすめの関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ