知らないと恥ずかしい!お墓参りの作法とは?

Pocket

251284

突然ですが、
あなたはお墓参り
正しい作法やマナーを、
知っていますか?

もちろん、
お墓参りで一番大切なことは、
故人を偲ぶ心ですが、
正しいマナーを知らないと、
恥ずかしい思いをすることも。

お墓参りに行かなくちゃ
ダメなんだけど、
作法がよく分からないから
行きにくいんだよなぁ。

そんな事がないように、
今回はお墓参りの正しい作法について、
簡単にお伝えしましょう。

Sponsored Link

お墓参りの前に準備することは?

まず、お墓参りには、
下記の道具を用意しましょう。

・線香、ろうそく、マッチ
・花、お供え物(お菓子、果物など)
・数珠
・掃除道具(ほうき、タオル、バケツなど)

基本的にお墓参りは、
いつ行っても大丈夫

霊園が管理している場所では、
時間が決められていることもありますが、
それ以外ならば、
自分の都合に合わせて、
お墓参りに行くといいでしょう。

また服装ですが、
礼服などの、
かしこまった服を着る必要はありません。

むしろお墓の掃除をするので、
普段着の方がいいですね。

ただし、常識の範囲内で、
派手な格好は避けて下さい。

Sponsored Link

お墓参りの手順と作法は?

意外と知られていない
お墓参りの手順ですが、
簡単にお伝えすると
このようになっています。

1.墓地と墓石の掃除
周囲の雑草やゴミを取り除き、
墓石についている砂埃を、
タオルなどを使い水洗いします。

コケや水垢などの細かい汚れは、
使い古しの歯ブラシが便利ですね。

また、墓石の文字の部分は、
欠けやすいので注意してください。

2.花などを供える
花は花立の高さに合わせて、
お菓子などは小皿や半紙などにのせ、
空いているスペースにお供えします。

3.線香を焚きお参りをする
お参りの前に線香を焚きます。

一般的なお参りの作法は、
まず家族全員でお参りしてから、
故人とゆかり深い順に、
一人ずつ墓前にお参りとなります。

ただし注意してほしいのは、
宗派や地域によって、
お参りの作法は様々ということ。

例えば線香の焚き方ですが、
基本は束のまま火を付けます。

しかし天台宗や真言宗は3本、
浄土真宗は1本を2つに折って、
横に寝かせるなど、
宗派によって、
微妙に異なるんですね。
 
できればお墓参りの前に、
両親や親戚に確認したほうがいいでしょう。

ca863f188b97504d2262e918e5658575_s
 

お墓参りが終わったらどうするの?

お墓参りが終わったら、
キチンと後始末をすることが
大切ですよね。

近年のルールでは、
カラスなどの動物が食べ散らかし、
汚れの原因となる事から、
花と線香以外のお供え物は、
持ち帰ることとなっています。

また、掃除で出たゴミも、
持ち帰るのが基本です。

霊園などで、
ゴミ箱が用意されている場合は、
分別ルールに従って、
捨てて下さいね。

832d33e805ab153f5e5e572e1de4b6c3_s

基本的なお墓参りの作法について
お話ししましたが、
いかがでしょうか。

覚えてしまえば
簡単なことですよね。

自分の家族のお墓参りなら、
気持ちがこもっているだけで
十分かもしれませんが、

知人のお墓参りならば、
最低限の作法
知っておきたいもの。

ぜひこれらを参考に、
作法を守ったお墓参り
出来るようにしてくださいね。

Pocket

Sponsored Link

あなたにおすすめの関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ