お墓参りの線香の意味は?付け方と消し方のマナーは?

Pocket

お線香セット

お墓参りの際に必ず用意する、
欠かせないアイテムの線香

私達は当たり前のように、
墓前に線香を供えていますが、
その意味を知っている人は
少ないのではないでしょうか。

一体どうして線香を供えるの?
線香の供え方にマナーはあるの?

そこで今回は、
今さら聞けない、
お墓参りでの線香の意味や、
マナーについてお伝えしましょうね。

Sponsored Link

お墓参りでお線香を供える意味は?

もともと線香は、
日本がまだ土葬だった時代に、
香木の香りで死臭を消すことから
始まったとされています。

この香木が線香となり、
仏壇や墓前に供えるという
習慣となっていきましたが、
その中で次のような意味が
加えられていったようです。

▼故人と心が通じ合える
線香の煙を通して、
故人とお話をするという
意味が込められています。

▼故人の食べ物となる
倶舎論(くしゃろん)という経典には、
「死後の人間が食べるのは匂いだけ」
という記述があります。

この事から線香の香りは、
故人の食べ物とされています。

▼自分とその周囲を清める
仏教では線香の香りで、
体と精神を清めるとされています。

香りで体臭を消すことや、
アロマテラピーのように、
気持ちを落ち着ける効果から
言われたようですね。

a368a59f14bb8348a42f5a9b03f5c01a_s

▼故人が迷わないようにする
故人をあの世まで迷うことなく、
送り出すことができる効果が
あるとされています。
 
線香を供えるだけでも、
これだけの意味があります。

いかに昔から、
日本人が故人を偲ぶ気持ちを、
大切にしていたかがわかりますよね。

Sponsored Link

意外と知らない!?お墓参りでの線香の付け方と消し方

お墓参りで意外と苦労するのが、
線香の付け方ですよね。

風が強い日などは、
なかなか火がつかず、
本当に困ってしまいます。

そんな時は

・線香を横ではなく縦に持ってつける
・線香専用のライターを使う
・束の場合は空気が入るようゆすったり、
 扇のように広げて火をつける

などの工夫をすると、
意外とすぐつきます。

困った時はぜひ試してみて下さい。

226028

ところであなたは、
どのように線香の火を消していますか?

実は線香のマナーとして、
口から息を吹きかけて消すことは、
絶対にしてはいけない行為となっています。

その理由は、

仏教では人の口が、
悪行を積みやすく汚れやすい
とされています。

そのため、口で消す行為は、
汚れた息を仏様に吹きかけている
ということになるんです。

このマナーはどの宗派でも
言えることなので、
線香を軽く振って消すか、
手で仰いで消すようにして下さい。

また幼い子供などは、
手ではなかなか火が消えないため、
息を吹きかけて
消すことが多々ありますので、
注意してあげて下さいね。

いつもは何気なく供えていた線香ですが、
様々な意味が込められています。

また、宗派によっても細かな作法があり、
キチンと覚えるのは結構大変ですよね。

必ずしも、
宗派ごとの細かな作法を
行う必要はありませんが、
基本的なマナーは、
ぜひ覚えてほしいもの。

これを機会に、
正しいお線香のお供え方をしてみて下さい。

Pocket

Sponsored Link

あなたにおすすめの関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ