日焼け止めのノンケミカルとは?わかりやすく説明します!

Pocket

8a29bfbacf0cf40e518be95d09afcb28_s

日差しの強い夏に欠かせないもの、
と言えば日焼け止めですよね。

でも日焼け止めを毎日塗っていると、
肌に負担がかかるためか、

なぜか赤みが出てしまう、
またはかゆくなる、
などの肌荒れを起こす人がいます。

そんな敏感肌の人や子供用として、
ノンケミカルの日焼け止め
人気となっているようですが、

そもそもノンケミカルとは、
一体どんなものなのでしょうか。

そこで今回は夏に気になる、
ノンケミカルの日焼け止めについて、
分かりやすくお話ししましょう。

Sponsored Link

日焼け止めのノンケミカルって一体なに?

日焼け止めは大きく分けて、

・紫外線吸収剤(ケミカル)
・紫外線散乱剤

を使用した2種類となっています。

まずはこの2つの日焼け止めを、
簡単に説明しましょう。

◆紫外線吸収剤(ケミカル)を使用したもの

 
紫外線を吸収し熱エネルギーに変えることで、
肌への浸透を防ぐタイプの日焼け止めです。
 
ただこの化学反応は、
肌に負担をかけてしまい、
敏感肌の人には刺激が強いです。
 
また肌に良く馴染み、
白残りしないため、
使い勝手が良いのが特徴です。
 
主成分…メトキシケイヒ酸エチルヘキシル・オクチルトリアゾン

◆紫外線散乱剤を使用したもの

一般的に、ノンケミカルと呼ばれる
日焼け止めとなっています。

粘土や金属を利用して、
肌の上で紫外線を拡散させるタイプ
日焼け止めです。

乾燥したり、白浮きしてしまいますが、
肌への刺激が少なく、
簡単に落とすことができるので、
敏感肌の人に人気となっています。

主成分…酸化チタン・酸化亜鉛
    
このようにノンケミカルとは、
紫外線吸収剤(ケミカル)を使用しない
日焼け止めを指す言葉です。

自然の物を使っているなど、
優しいイメージを思い浮かべがちですが、
粘土や金属を主成分としているとは、
ちょっと意外で驚きですよね。

Sponsored Link

ノンケミカルの日焼け止めの問題点は?

ノンケミカルの日焼け止めは、
肌に負担が少なく優しい反面、
馴染みが悪いという難点がありました。

これを改善するために現在では、
主成分の粒子をナノ化して、
配合していることが多いんです。

しかしこのナノ化には問題が!

日本では使用が認められているナノ化ですが、
オーガニック認証の世界基準とされる
フランスのエコサートでは、
認められていません

その理由はナノ化した粒子が、
体内に入る恐れがあるから。

つまり溶けない金属などの成分が、
体内で蓄積されると
考えられているからなんですね。

また紫外線散乱剤は、
効果時間が短いという問題点もあります。

どんなに肌に優しくても、
紫外線カットの効果がないと意味がない!

ということで、
たびたび塗りなおす必要があるんです。

紫外線カットの持続性が高い、
紫外線吸収剤(ケミカル)の
日焼け止めを使うか、

肌荒れの心配が少ない、
ノンケミカルの日焼け止めを使うか、
迷うところですよね。

3631c94905f8de55d970c8527182e515_s

まとめ

実は化粧品を使うのにも
躊躇するほど敏感肌の私。

毎年夏になると、
肌荒れしてしまう
日焼け止めに悩んでいました。

私の場合はいくつもの日焼け止めを
試してみた結果、

ノンケミカルはもちろんのこと、
自然成分のみを使用した、
オーガニックコスメブランドで
販売している日焼け止めを、
今は使っています。

(ちなみにジョンマスターオーガニックの
ナチュラルミネラルサンスクリーンを使用)

みなさんも今回お話ししたことを
ぜひ参考にして、
自分が納得できる日焼け止めを、
見つけて下さいね。

そして夏の紫外線から、
大切な肌を守りましょう!

Pocket

Sponsored Link

あなたにおすすめの関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ